カテゴリ:word( 10 )

彼は未だに旅を続けているはずだ

d0227799_16440416.jpg


3月6日は作家で親友だった駒沢敏器の命日。

彼と過ごした10代後半からの月日を思い出しながら、
彼の好きだった武夷岩茶 肉桂を飲んだ。

未だに、いつものカフェで
コーヒーを飲みながら村上春樹を飲んでいると、
アメリカ帰りの彼が空港からそのままやって来て、
お前はまたそんな本を読んでるのかと言って
笑いそうな気がしてならない。

きっと彼は、まだ世界を巡る旅から
戻っていないのだと、
仲間の何人かは、
本気で信じている。

whlog
[PR]
by darjeeling_days | 2017-03-06 18:00 | word | Comments(0)

35年前のショートストーリー

d0227799_23480366.jpg


つまらない講義を出抜けして
ぶらりと歩いていたら
カフェに呼び止められた。

古い倉庫を改造した
雰囲気の良いカフェだった。

ドアを開けて入ると
いきなりスコーンの焼けた甘い香りに包まれた。

d0227799_23480487.jpg


静かなアコスティギターの曲と
静かなざわめきが、
居心地の良いカフェだと
語っていた。

こんなカフェに1人で入るのも
久しぶりのこと。
店の店主らしい女性が
空いている席のどこでもどうぞと
優しげに語りかける。

窓辺に近い席にバインダーノートと
マクロ経済学のテキストを置いて
メニューに目をやると
OLD5のフレンドがあるのが目に付いた。

d0227799_23480412.jpg



いつも行っていたあの店と同じコーヒー。
少しだけ複雑な思いが心をよぎった。
ブレンドコーヒーを頼んで
ふと周りを見回すと
どの席も女性ばかりで男は僕1人。

なんとなく1人浮いているのは
分かっていた。

d0227799_23480520.jpg


最初はあんなに心地の良かった空間も
僕1人だけだとこんなに違ってくるのか。

いつも彼女がいたおかげで
この手のカフェも心地よかったのだと
今になって気がついた。

コーヒーを飲みながら
なんとなく
そこは自分の居場所ではない気がして
しかたがなかった。

d0227799_23480613.jpg


いつもだったら、
こんな風にカフェに呼び止められれば
心地よい時間が過ごせるはずだった。

他愛もない会話に和んで
ゆったりと流れる時間に
身を任せていられたはずだ。

仕方がない。
自分で選択したことだ。
そこに後悔と懺悔しかないとしても。

コーヒーを一杯だけ飲んだら
店を後にしよう。

もう少し時間が経てば、
このゆったり流れる時間にも
馴染めるようになるはずだ。

少しだけ心にリハビリが必要なだけ。
そう自分言い聞かせ、
少しだけ苦味の強いコーヒーを
飲み込んだ。

春になればきっと
この店も心地よく感じられるようになるはずだ。


whlog
[PR]
by darjeeling_days | 2017-02-17 23:07 | word | Comments(0)

望春

DSC_2225


早く春になればいいと思った。

whlog
[PR]
by darjeeling_days | 2017-02-15 08:00 | word | Comments(0)

アークヒルズ夜景

P1210702
アークヒルズ
Panasonic DMC-GX1, Lumix 20mm F1.7

たまに夜の都心を歩くのも面白い
アークヒルズの夜を撮ってみた

P1210706

P1210707

P1210709
[PR]
by darjeeling_days | 2014-08-19 22:00 | word | Comments(0)

心のビタミン

P1090642
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 20mm F1.7

歳の若い友達から
歌人の笹井宏之氏の作品を紹介された

1984年生まれで
2009年病気で逝った若き歌人の残した短歌の数々
彼はネット上に短歌を発表し彗星のように消えて行った

葉桜を愛でゆく母がほんのりと少女を生きるひとときがある

母をうたったその歌に
彼の心の優しを垣間見

ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした

そんな言葉の連なりに
ただただ心が共鳴した

一番心に響いたのは
彼が紹介されたメールにあった

ああそれが答えであった 水田に映るまったいらな空の青

という
なんの変哲もない短歌

にも関わらず
なんでこんなにも
感動があるのだろう

若くして夭逝した歌人だからこそ
これらの言葉たちを生むことができたのだろか

それらの言葉が持つ遥かなる透明感
それらの言葉に凝縮された思い
そして言葉と言葉の間にある沈黙の重み

まさにこれらの言葉は
心のビタミンとなって
僕の中に沈殿する



*お父様が引き継いで
 いまだに更新されている
 笹井宏之氏のブログ
 【些細】
[PR]
by darjeeling_days | 2011-04-19 22:16 | word | Comments(2)

文字のない時代だったら

d0227799_13252086.jpg

Panasonic DMC-GF1, LUMIX 14mm F2.5 新宿サザンテラス

時々言葉の意味を見失う
そこに存在する言葉に
意図しない意味を見出しては
なんだか悲しい思いにとらわれる

特に言葉が直接発せられるのではなく
文字としてそこに存在すると
はたしてその意味は発する側と受け取る側で
どれだけの思惑や思い込みの差が発生するのだろうか

他人同士の文字での応酬を見ていても
そこに歴然とした発信者と受信者の思惑の違いを
なんだか感じてしまうと
ふと言葉の意味って本当に理解なんてできるものなのか
疑いたくなってしまうのだった

昔文字がまだなかった時代
もしかしたら発せられた言葉だけが
重要視されていた時代には
こんな思いはなかったのだろうか
[PR]
by darjeeling_days | 2010-12-16 22:45 | word | Comments(0)

やがて人に与えられたら時が満ちて

d0227799_13251313.jpg

Panasonic DMC-GF1, LUMIX 14mm F2.5

どんな詩人の恋の詩(うた)よりも
雪の結晶のシンメトリックな造形の方が美しいように
作り上げられた構造物より
美しい自然の造形があるものなのだ

沢山の言葉を尽くすよりも
雄弁な沈黙がすべてのことを物語るように
ただただ実現する夢もあるのかもしれない

太古から綿々と受け継がれてきた沢山の物語が
現実の世界を形作っているのだとしても
いまここにある各々の物語たちは
いつか未来を司る箱船の楔のように
しっかりと僕たちの心に
根付き、睦あい、よりそって
より大きな物語を紡ぎあげていくだろう

そして

やがて人に与えられた時が満ちれば、
煌めく星のごとく
あの遙か彼方の懐かしくて優しい時の中に
たくさんの物語を形作るこの思いは
帰って行くことが出来るのだろうか
[PR]
by darjeeling_days | 2010-12-10 19:00 | word | Comments(0)

晩秋

d0227799_12452960.jpg

Panasonic DMC-GF1, LUMIX 14mm F2.5

もう11月も終わりである

駅前の銀杏もすっかり葉を散らし
街行く人たちのコートの襟を
立てさせる

そういえば見上げた空が
随分深みを帯びてきたような気がする
明け方の星の輝きも
その光の度合いを増してきた

もう、本当に秋も終わりなんだな

そんな行き過ぎて行く秋を
僕はこうしてここで
見送ろう
[PR]
by darjeeling_days | 2010-11-28 22:18 | word | Comments(0)

秋眠暁を覚えず???

d0227799_12450844.jpg

Panasonic DMC-GF1, LUMIX 20mm F1.7

日が昇るのが
ずいぶん遅くなった

そして
日が沈むのも
ずいぶん早くなった

この季節、太陽の出る時間は
冬至までの間
どんどん短くなっていく

こんな季節の中
最近とても眠いのである

夕食後にソファーでドラマを見ていて
気が付くと寝ている

風呂にじっくりと浸かり
本を読んでいると
(風呂はよい読書空間である)
気が付くと寝ているのである

一体全体
とうしてしまったのだろう、自分

休日の朝もいつもなら
会社に行く時間に目が覚めて
そのままPCを立ち上げたり
本を読んだりするはずなのに
最近はとても気持ちよく
二度寝したりしている

春眠暁を覚えずなら
いざ知らず
秋眠暁を覚えずというのは
なんだか恰好が悪いなあ

疲れているのか
最近・・・
[PR]
by darjeeling_days | 2010-11-08 02:19 | word | Comments(0)

釣瓶落としといへど光芒しづかなり

d0227799_12450778.jpg

SIGMA DP2 南大沢

この季節になるとついつい口ずさむのは
あっこちゃんの曲「やませ(東風)」
「いろはにこんぺいとう」に収録された
一番最後の曲だ

 秋の日は つるべ落とし
 小さくしぼむ 帰り道
 指がかじかむ

 大きくゆれる街に 投げキッス
 月の光 見守るなか
 心はぬくい 

 気まぐれな東風
 やっと君と 話せそう

 波ひとつ 立たぬ心に
 あなたひとり 浮かばせて
 漂いつづける


もともとは、鈴木顕子時代に
小坂忠の曲「つるべ糸」として書かれた
名曲中の名曲だ

この曲を知ったのは
高校時代だっただろうか
あっこちゃんの独特の声と
ドラマチックなピアノのメロディー
なんだかじーんと心に沁みてきた曲だった

好きだったなあ

で、今日の夕暮れ時に
まさにそんなあっこちゃんの曲を思い浮かべ
SIGMA DP2のシャッターを押したのだった

だけど、こうしてこの写真をみてみると
むしろ水原秋櫻子の俳句を思い出した

 釣瓶落としといへど光芒しづかなり

秋櫻子のように自然を詠んだ人たちの
自然に対する感性って
今の時代すっかり忘れてしまっているのだなあ
自然を表現する語彙の豊かさ
文字を読んだときに思い浮かべる風景の
きらびやかな様

すこしあれこれ俳句を読んでみたくなった
[PR]
by darjeeling_days | 2010-11-06 22:05 | word | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

life
Magazine
word
photo
camera
gadget
book
stationary
web/IT
music
entertaiment
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
cafe
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business

最新の記事

D850、ようやく!
at 2017-08-24 20:00
Olymps OM-D E-..
at 2017-07-25 19:00
冷汁を作ってみた
at 2017-07-18 22:13
窯出しフレンチパンケーキ@B..
at 2017-07-17 12:50
栃尾の「あぶらげ」
at 2017-07-16 20:17

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

携帯百景

携帯百景 - tearecipe




フォロー中のブログ

sudigital af...
happy *riko*...
はりあなのこころ
しなしなとだれかのお写ん...
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
~feel Passi...
...
エクランの撮影日記
K5 Photo Cafe
coupe-feti
メタボギア<METBO ...
FOTO CYCHEDE...
陶芸つれづれ 器と暮らし
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
151A
Prism -光変換器
KAZOKU no JI...
自由時間ー至福のひとときー
くまはな便り
月の雫
ぱんのみみ

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧