<   2009年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

梅雨入りのような

d0227799_16163073.jpg

Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO
+谷中の紫陽花+

*今日は一日雨が降ったり止んだり。時折激しく降る雨に、なんだかもう梅雨入りしたのかいななどと思ったりして。息子もテニスの試合だったのだけど、遠くまでわざわざ出かけたにも関わらず、一試合しか出来なかったらしい。

*僕はといえば、住んでいる住居の管理組合総会に借り出され、ほぼ一日つぶれてしまった。今年は不幸にも副理事長などになってしまったので、これからかなり休日が潰れるのだ。

今まで15年も逃れてきて、そろそろやっていない人はいない、だから来年はほぼ一巡らしいなんて話を聞くと、まあ仕方の無いことだなあとは思うのだけれど。

すでに来月は4回ほど会合があることが決まっているらしい。すべて出席しなければいけないわけではないのだが、できればまとめて一日でやってしまって欲しいものだ。6月は学会やミートアップ、さらに久しぶりのお茶会のお誘いを受けているのだから。

*そうそう、梅雨といえば、まず思い出すのが紫陽花。

すでに、もうあちこちで色付きはじめている。6月の写真仲間とのミートアップは懐かしい「鎌倉」と決まっているのだが、一名ほど病み上がりの人がいるので、元気な人も含めて、極力歩かない物見うさんコースになりそうなのだが、僕にしてみれば、まあ、おいしい料理と素敵なカフェにいければ僕はそれでOKか。それでも、やはりこの時期に鎌倉へいくとなると、紫陽花ははずせない。

北鎌倉の明月院はそれこそ高校時代になんども行った思い出のお寺だけど、今回は長谷方面だろうか。成就院などは、開門前からカメラマンが列をなすらしい。出来る限り混まないところを、肩の力を抜いてふんわりと写真を撮りながら歩きたいものだ。

*新しいいPodがなかなか良い。動画も綺麗に見れるし、なにしろ大容量なのに小さいのがうれしい。いままでのiPod(80G)に比べて薄さは半分。大きさもなんとなく小さい。しかもデザインがいい。

確かに嫁のiPod touchをみると、ちょっと欲しいかもって思うのだけれど、動画メインではないしゲームはやらないし(両方ともPSPで満足)、だったら、カメラ付きのiPhoneの方がいいかも(でもソフトバンク隙じゃないから電話は換えない)。

おかげで家の中にいるのに、みんなでイヤフォンつけている・・・ってどうよ。

d0227799_16163191.jpg

[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-31 22:13 | Comments(0)

新人歓迎会

d0227799_16162880.jpg


もうそんな季節なんだね。
金曜日の夜に開催された新人歓迎会。

自分のを入れないで、もう25回もこんな季節が過ぎていったのだなあと、君たち若者たちの姿を見ながら妙に感慨深く思ったりする。

この会も、3年前からお客さんになってしまったので、胸にはピンクの大きな花を付けられて、ほんの少しだけ居心地が悪いのだけれど、小さな黄色い花を胸に付けている君たちに、元気をもらったような気がするよ。

面接で君たちといろいろと話したのはもう去年。あれから一年たって、みんなそれなりに成長したのだろうか。普段話をする機会もあまり無いけれど、皆立派な社会人になってくれればいいなあって、まるで父親のように思ったりする。

まあ、考えてみれば、君たちの父親と同じような年なわけだから、あながちそれもありなのかもしれないけれどね。

ともかく、これで僕たちの仲間。いろいろとつらいこともあるだろうけれど、「大丈夫。すべてうまくいく!」って心に念じて、兎に角しっかりと前向きに歩いて欲しい。

d0227799_16162815.jpg


d0227799_1616292.jpg

[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-30 21:56 | Comments(0)

iPod Classic

d0227799_16162395.jpg

SIGMA DP2

今週月曜日の通勤途中にいきなりiPodがフリーズした。何をやっても反応しなくなってしまい、仕方が無いのでオフィスについて、一度PCに接続するも、逆にPCがフリーズ。うーん、どうすればいいの?と思い、今度は充電することに。

しばらく放置していたら、なぜか通常メニューが表示されてた。おお、良かったとおもって、帰りの電車で聞き始めたら、なぜか、曲の途中でなんどもスキップ。一番聞きたい曲をすっとばしやがったので、ホイールで前にもどしたら、再び曲の途中でスキップ。何でやねんとおもい、しつこくその曲にもどしたら、ついに再びフリーズ。

帰宅して、同じような作業をするも、より一層スキップする曲が多くなってしまった。iTunesで初期化して、曲をインストールし直すも、症状は回復しない・・・。どうやら、iPOdのハードディスク障害のよう・・・。こうなったら、もう使いようが無いなあ。

でも、のーとみさんが使っていた時期をあわせて、この第四世代のiPodは、2004年発売だから、5年以上使ったことになるので、まあPCとかデジカメのライフサイクルを考えればそんなものかとあきらめることにした。

しかし、iPodが無いのは死活問題である。片道1時間半の通勤時間に音楽がなのはかなり苦痛。なので、急遽息子が以前使っていて今は放置している第二世代のiPod シャッフルにご登場いただき、応急処置。1Gモデルでも往復分は十分に聞けるだけの曲が入るので、まあいいかと思ってたのだが、嫁と息子でこのところはまっていたアメリカンアイドルのPVがiTunesのストアでダウンロードでき、それがiPod touchで見れると知った嫁が「iPod touchを買う!!」というので、僕もそれに便乗していPod ClassicをAmazonでポチリとしてしまったのだった。我が家の定額給付金は、結局アップル社に持っていかれることに・・・(笑)。

しかし、新しい120GのiPod Classicは、見た目も美しく、薄く軽い。しかも、120Gという大容量なのに、安い。ハードディスクタイプなので、いつかまた今回のようなことがあるのかもしれないけれど、まあ、それのときはそのときだ。

それにしても、嫁のiPod touchの液晶画面が綺麗なのには驚いた。iPhone人気もうなずけるなあ。でも、ソフトバンク嫌いだから、乗り換えないけどね。

これで僕の音楽生活も安泰というもの。

d0227799_16162487.jpg

シリコンケースにいれたら、美貌が半減してしまったiPod classic
[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-29 08:49 | Music | Comments(2)

阿修羅に会いに行く

d0227799_16162614.jpg

Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

僕は、去年一昨年と2年続けて奈良の興福寺で阿修羅を見たんだけど、なにしろガラスケースの中にこじんまりと押し込められている阿修羅は、なんだか可哀相な感じだったのだ。

だから、2月の下旬に国立博物館の「阿修羅展」のポスターが張り出されたときには、これは行くしかない!と思っていた。しかも、3月の前売り券発売のお知らせにかのみうらじゅん会長の「阿修羅倶楽部」というのがあって(笑)、そこの会員バッチがかなり格好よくて「入る!」と思ってたのだけれど、なぜか3月の前売り券購入を失念していた。

阿修羅倶楽部では、海洋堂の阿修羅フィギアが売り出されたりしたのだが、あっというまに売り切れて、今やネットオークションで十倍の値段が付いてるらしい。

実際に『阿修羅展』が始まってみると、連日大人気で、入場を待つ人たちの長蛇の列が報道されたりなんかもされていて、特に阿修羅の憂いを帯びた表情が若い女性に人気なのだそうだ。

そしてようやく念願の阿修羅展を見てきたが、相変わらずの列。

d0227799_16162645.jpg


しかし、さすがに国立博物館のレイアウトは素晴らしく、360度、阿修羅を見れるのは嬉しい。興福寺では、ガラスケースの中の阿修羅をほぼ正面からしか見れないので、後方からみれるというのは、凄く新鮮だった。

なにしろ、阿修羅は正面の顔が一番と確信してたのに、左側の顔を後ろから見ると、その横顔がなんとも可憐で美しいのだ。 ちょっときつめに見えるけど、これは確実に少女の顔だ。

阿修羅はなんでこんなに人々を魅了するのだろう。

もともと?!阿修羅は古代インドの魔神アスラが仏教に取り入れられたものだが、帝釈天と戦う存在。どの立ち位置から見るかにも寄るけれど、いわゆるヒンドゥー経では、悪者的存在なのだ。「修羅場」という言葉があるが、これも帝釈天と阿修羅が闘う場所から生まれた言葉。

確かに、その昔萩尾望都と光瀬龍のコラボ作品に『百億の昼千億の夜』という漫画があって、阿修羅が主人公として登場し、帝釈天と闘うが、なにかもっと優しい存在だった。僕の阿修羅好きはあれが原点だったなあ。


それに、僕の大好きな古代メソポタミア文明のシュメールなどに関係があるという気の遠くなるような説もある。シュメールに祭られていた「アンシャル」が阿修羅の起源だという話。その後アッシリア帝国の守護神になったというアッシュルも同義の神。バビロニアと凄惨な侵略戦争を繰り返した国の守護神である。この説は、シュメールが須弥山(スメールと発音)の類似があるので、まじめに研究されているという。

いまや阿修羅も、仏像という、仏教の信仰とはまるで違う、けれども美しい美術品として崇拝してしまうような存在。阿修羅を取り囲むようにおしあいへしあいして、信仰心など持たない人間たちを、阿修羅は、ちょっと皮肉の面持ちで見ているのだろうか。

僕はやはり奈良の秋篠寺の技芸天に昔恋したけど、阿修羅にも、こうして人に恋させるだけの魅力があるなと感じてしまう。

たった140cmぐらいの背丈。八頭身で、その体躯は少女のように華奢。腕、足、鼻は人間とは違った独特の造形である一方で、体のラインとか顔の造作はまるで人間のよう。そんなアンバランスさが魅了するのだろうか。

ほかにもカルラとか四天王とか見るべき仏像があれこれあり、阿修羅展を満喫。

いつもなら興福寺の国宝館に無造作に陳列されているのだが、流石に国立博物館の見せ方は素晴らしかったので、興福寺でもあんな陳列の仕方をすればもっと集客できるのになあなどと、不届きなことを考えてしまった。

今度は、東大寺の戒壇院の四天王を呼んできてほしいなあ。あそこの広目天は凄いと思う。
[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-28 22:20 | entertaiment | Comments(0)

虹を作る男

d0227799_16162043.jpg


上野公園での出来事
なにやら人が集まっている

その輪の中心にいる独りの男
なにやら棒を両手に持っている
その棒には丸い縄が輪になってる
おもむろにそれを掲げて風をはらませると

巨大なシャボン玉

きらきらと虹色が変化しながら風に乗って
少しだけ飛んで割れた

なんだか和む風景だったなあ

d0227799_16162150.jpg

d0227799_16162190.jpg

[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-27 22:23 | Photo | Comments(2)

谷中散歩カメラ

d0227799_1616108.jpg

Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

日暮里から上野の森までの「谷中」を歩く。ここはほぼ直線コース。のんびり歩いて1時間。もちろん、途中にはホトジェニックな建物やお店や、いろいろあって、のんびりわいわい歩くのが楽しい。

細い路地なのだが、時折車が連なって通り過ぎていくのは、ちと興ざめだが、地元の人には抜け道なのか・・・。

有名どころを押さえながら、あちらでパチリ、こちらでパチリ。ジャンクフォトを量産(笑)。

日暮里から初音の道を歩く。

まずは、朝倉彫塑館(上の写真)。この当たりでは一番有名で、小川糸の小説『』にも登場するのだが、残念ながら春から改築工事が始まっていて、中には入れない。

斜め向のじねんじょで薬膳カレーを食べて、さらに初音の道を。
さんだら工藝という竹細工の店があったり、貸しはらっぱ音地という町屋風の建物があったり、そして観音寺の築地塀が趣きあってなかなかよろしい。

凄くシックなつくりの「韋駄天」という陶器やさんをのぞいたり、江戸時代の建物を保存しているすぺーす小屋とか、べっこうやさんとか、凄く不思議な感じの昭和の居間みたいな間間間というカフェとか、詩仙香房というお香屋さんもある。

さらに進むと、公衆浴場を改装したスカイ・ザ・バスハウスというギャラリーやら、かの黄色い看板が有名な愛玉子、地元の人が買いに来る和菓子の店岡杢栄泉、お洒落なCafe谷中ボッサ、そして旧吉田屋酒店など、どこも写真になるところばかり。

芸大を抜けて上野の森まで、なんだか下町情緒で楽しかった。

そんな写真たちは、「この続きを読む」からどうぞ!

More
[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-26 21:42 | Photo | Comments(2)

薬膳カレーのお店『じねんじょ谷中店』

d0227799_1616688.jpg

Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

土曜日の続き。

日暮里から歩き始めて、下町をぶらぶら。いわゆる谷根千の一角。本当はじっくりと一日かけて谷根千を歩きたいのだけれど、なかなか時間が・・・。

とにかくおなかが空いたので、小川糸さんの2作目『喋々喃々』にも登場する朝倉彫塑館の向側にあるランチは薬膳カレーの店「じねんじょ」に突入。

ここの名物は、とにかく手の込んだ薬膳ヘルシーカレー。バターを使わずに35種種類以上のスパイスと薬膳素材を利用して作られたカレーは、味もなかなか美味しい。

野菜カレー、海鮮カレー、ビーフカレー、チキンカレー、角煮カレーなど、メニューも豊富。しかも、トッピングで生姜とクコ(風邪に効く)を乗せてくれる。

ライスもはっぱ(笑)が乗っている。僕はチキンカレーを頼んだのだが、このチキンもしっかりとあらかじめ焼いてあり、美味しかった。

店員さんも丁寧だし、なかなかの高得点のお店だ!

d0227799_1616727.jpg

d0227799_1616745.jpg

d0227799_1616892.jpg


薬膳カレーじねんじょ 谷中店
住所:東京都台東区谷中5-9-25
電話:03-3824-3162
営業:火~金 11:30~16:00/17:30~21:00
    土    11:30~21:00
    日    11:30~20:00
定休:月曜日
[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-25 22:12 | Eating:エスニック | Comments(2)

旧古河庭園 洋館

d0227799_16155875.jpg

Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

旧古河庭園に立つ洋館は、岩崎邸やら横浜山手の洋館に比べて、かなり重厚な感じのする建物だ。建物そのものがフォトジェニックである洋館は、写真撮影に非常に向いているのだが、この洋館は、大正時代に活躍したジョサイア・コンドルの手によるものだとか。

洋館の前の洋風庭園(昨日イギリス式と書いたけど、間違えで、フランス式とイタリア式なのだとか・・・。)が目の前にあるのもなかなかいい。

d0227799_16155812.jpg


丁度昨日は結婚披露宴で貸切だったようで、こんなところで、披露宴というのもなかなかいいものだなと思った。誰か結婚する時には、こういうところで式を挙げなさい(業務命令(笑))。ああ、もちろんそういうときは、ゆっくりと景色を身ながら食事をしたいので、主賓とかスピーチありというのはお受けしかねますので(爆)。

ともかく、絵になる洋館だ。

洋館の続きの写真は「この続きを見る」からどうぞ!

More
[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-24 22:44 | Photo | Comments(2)

旧古河庭園の薔薇

d0227799_16154820.jpg

Nikon D200, TAMRON 90mm MACRO

日曜日に国立博物館でやっている『阿修羅展』を見に行こうということになってたのだけれど、午前中は混んでいるし、どうせなら15日から始まった旧古河庭園の薔薇フェスティバルを見て、谷根千の一部を歩いてから上野に以降ということになった。しかし、日曜日は急遽雨の天気予報。ならば、前日の土曜日にということになって、今日出かけてきたというわけ。

天気は良かったのだけれど、逆に暑くて、なんだかしっかり腕とか鼻とかが焼けてしまった・・・。

d0227799_16154953.jpg


旧古河庭園は、2年ほど前に六義園の桜をみに来たときに、寄ったのだけれど、それ以来久しぶりの訪問。洋館があり、イギリス風庭園と日本庭園がある、なかなか趣のある庭園だ。残念ながら洋館は予約しないと見学できないし、撮影は禁止。こういうところは、なんだかなあと思ってしまう。横浜の洋館は全部OKなのにねえ。

薔薇は、かなりの品種があれこれと咲いているけれど、やや盛りを過ぎてしまった花が多かった印象があった。それでも沢山の人が薔薇を愛で、写真に撮っていた。

meet up風のグループや、一眼レフカメラ持参のお嬢さんなどがかなりいて、まあ、一種の撮影回のような・・・。それにしても、皆さん素晴らしい機種のカメラをお持ちで・・・。

他の薔薇の写真は「この続きを読む」からどうぞ!

More
[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-23 22:45 | Photo | Comments(0)

割烹辰巳

d0227799_16154383.jpg

au W61CA

今日のランチは久しぶりに茅場町の割烹料理屋「辰巳」。

ここはその昔、兜町のおじさんたちの接待のお店として使われていた時代もある、なかなか趣のある町屋なのだ。僕がまだ新人だった26年前(笑)、当時の部長が連れて行ってくれた店でもあり、その後、接待でも何度か足を運んだ店。

店のご主人も代替わりして、もうこの10年ぐらいは、リーズナブルな割烹料理店になって、ランチも焼き魚定食とか、てんぷら定食とか、メニューもそんなに特徴があるお店ではなくなっていた。

久しぶりにランチを食べに行ったら、代替わりしたばかりの余裕の無かった若旦那も、すっかり貫禄が付いて、にこやかに料理してたし、美人の女将さんも、ご主人同様、にこやかで、なんともゆるゆるとした良い店になっていた。

穴子のてんぷらが美味しそうなのだが、今日は鮭定食+ポテトサラダ。鮭は皮の部分がぱりっとしていて、身も油が乗っていてなかなかおいしい。そしてご飯も、割烹ならではのちゃんとした炊き方。味噌汁の出汁の味がややおとなしいのだけれど、ちゃんとした仕事はしているみたいだった。

若旦那のにこやかさが、お店の雰囲気をとてもよくしているのがわかる。いい店になった。

d0227799_16154593.jpg

[PR]
by darjeeling_days | 2009-05-22 22:44 | Eating:和 | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

life
Magazine
word
photo
camera
gadget
book
stationary
web/IT
music
entertaiment
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
cafe
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business

最新の記事

日本橋百年老舗
at 2017-04-25 07:53
花水木
at 2017-04-24 07:40
週末パン活動 シンプル丸パン
at 2017-04-23 20:53
週末パスタ活動 ツナと小松菜..
at 2017-04-22 07:57
美味しい食パンが食べたい
at 2017-04-21 22:08

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

携帯百景

携帯百景 - tearecipe




フォロー中のブログ

sudigital af...
happy *riko*...
はりあなのこころ
しなしなとだれかのお写ん...
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
~feel Passi...
...
エクランの撮影日記
K5 Photo Cafe
coupe-feti
メタボギア<METBO ...
FOTO CYCHEDE...
陶芸つれづれ 器と暮らし
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
151A
Prism -光変換器
KAZOKU no JI...
自由時間ー至福のひとときー
くまはな便り
月の雫

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧