<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

梅花ひとつの暖かさ

DSC_3621
そよ風公園 梅木
Nikon D800, TAMRON 180mm F3.5 MACRO

あちこちで梅の便りを耳にしているのだが、
今年はまだちゃんと梅を撮っていなかった

なので、のんびりと買い物散歩に出かけた後
近隣の小さな公園にある数本の梅の木を見に行った

DSC_3641

紅梅のほうが早く咲くのだとばかり思い込んでいたのだが、
この公園の梅はそういうわけでもないみたいで
紅梅の木1本はすべて蕾

で、白梅の方はほぼ満開という状態。
DSC_3693

180㎜マクロばかり使っている昨今
流石にこれを持ち歩いて梅を接写するのはつらい

でも、やはり90mmよりもいい気がするのはなんでだろう

DSC_3717

普段あちこちちびっこギャングのようない飛び回っている
メジロとシジュウカラの群れは
残念ながら今日は見かけなかった
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-28 16:45 | photo | Comments(0)

ミュンヘンの地下鉄

2015-02-02 18.18.39

ミュンヘンも地下鉄網が結構発達していて、
気軽に地下鉄移動が可能な都市だ

d0227799_944463.jpg


ウィーン同様、行先方面の最終駅の名前を覚えておけば
そっち方面の電車に乗ればいい

地下鉄はU-bahnとよばれるので、路線もU1とかU2といった番号で表示される。
ちなみに近郊列車がS-bahnで、中距離列車はRE。

2015-02-02 23.25.01

ただし、地下鉄の路線網は、U1とU2号線、U3とU6号線、U4とU5号線の組み合わせになっている。つまり、別々の始端駅を出た2本の路線が、市中心部で合流して同一軌道上を走行するので、市中心部は例えばU1もU2も同じ駅を通るからどっちを使ってもOKという部分がある。

ただし、枝分かれした先までいくのであれば、決まった番号の地下鉄を利用しなければならない。
どっちの電車が来るかは、駅の表示を見て確認しよう。

日本でいうと、都営新宿線の九段下ー神保町間を東京メトロ半蔵門線が並行しているという感じかなって思うのだけれど、そうではなくて、都営新宿線も半蔵門線も九段下ー神保町間は同じ線路を使って走るみたいな感じ。日本の地下鉄ではそういうのはないなあ。

2015-02-02 18.18.48


切符はウィーン同様何種類かに分かれる。
基本はEinzelfahrkarte(一回券)。ただし、一日3回以上乗るのであればTageskarte(一日券)が便利でお得。

で、これらは駅の自動販売機で購入する。

ミュンヘンの地下鉄の場合は、ウイーンと違って、区間で料金が異なる。一回券を買うときには、距離によって4つのゾーンに分かれていて、目的の駅が、1ゾーンなのか2ゾーンなのかを確認しておくことが必要だ。

自動販売機の近くに地図が張ってあるので、それを見ると目的の駅がどのゾーンにあるかわかるようになってる。ゾーンは色で分けられていて、ミュンヘン市内が白、その周りが緑、黄、赤だ。

2015-02-02 18.28.08

同じ色の中での移動だったら1ゾーンなので、切符を買う際に1ソーンか2ソーン化選ぶ画面で1を押せばよい。ミュンヘン市内はほぼ白色の中に入っている。

ただし、自動販売機の近くの地図がなかなかわかりにくいので、注意が必要。やっぱり日本の電車の表示って親切だなあって思う。ただし、路線図から駅名を探していくらと確認したうえで切符を買わなければいけない日本の電車も、料金体系が細かすぎて面倒は面倒かも(笑)。まあ、そんな外人さんには、PASOMOをおすすめしているが。


2015-02-02 18.18.50

さて、今回僕らは、たとえば、マリエンプラッツからオリンピックガッセまで行かなければならず、これが1ゾーンなのか2ゾーンなのか知るのに苦労した。でもそれさえわかれば、ミュンヘンの地下鉄も英語表示ができるので、1回券、ゾーン、買う枚数、表示されたお金の投入で楽にチケットを買うことができる。

まあ、慣れの問題かなあ。

ちなみに改札はない。ウィーンと同じように、切符に日時を打刻する打刻機が備え付けられているので、それに切符を入れて打刻すればOK。なお、地下鉄の切符の自動販売機では、Entwertung(打刻)の有無が選べるので、有りにしたら、3時間以内に使う必要がある。無にした場合は、エントランス付近の打刻機で打刻してから3時間だ。くれぐれも打刻するのを忘れないように!

P1250990

しかし、このシステム、いくら抜き打ちの切符チェックがあるとはいえ、無賃乗車の人が多いのではないかとおもってしまうのは、僕だけだろうか(笑)。

車両も、車内も、比較的綺麗。ウィーンのお隣りということもあって、乗り降りのシステムも同じだった。車両はややミュンヘンのほうが古目かなあ。シートは日本のようにふかふかしていない。ただし、ミュンヘンのはクッションがあり、板貼りというわけではないのがよかった。
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-27 21:39 | travel | Comments(0)

ダルマイヤー カフェ

P1260269
ダルマイヤーカフェ
Panasonic DMC-GX1,LUMIX 20mm F1.7

中之島ダイビルのパリアッシュを訪問したら、同じビルの表撮りに面した場所に、なんとダルマイヤーのカフェがあるではないか。先日ミュンヘンでダルマイヤーの本店の前を通りかかったので、何とも奇遇というか・・・。

しかも、このダルマイヤーカフェ、かなりいい感じのカフェで、朝ご飯もやっているから、思わず朝ご飯を食べることにしてしまった。



P1260274 ダルマイヤー

店の前は、ヨーロッパ風にオープンカフェに、そして店内は禁煙の、ちょっとおしゃれな内装。よそ行きのカフェっていう感じだけれど、比較的朝が早いこともあって、サラリーマンやOLさんが数名いるだけだった。

P1260278

朝ご飯セットは、「モルゲン ミュンヘン セット」と「モルゲン バイエルン セット」。僕はパンケーキとヨーグルトのモルゲンミュンヘンセットにしてみた。

パンケーキ、サラダ、ヨーグルト、珈琲で770円。大阪価格という感じか。東京だったら1000円はするよなあ。

P1260281 ダルマイヤー

ダルマイヤーは、基本的にはデリカテッセンというイメージなのだが、ここのお店は、コーヒー&カフェメインという感じ。

P1260276

店内はテーブルとカウンターの両方あって、やっぱりテーブルのほうがのんびりできてよいのだが、カウンターの後ろにあるビヤ樽らしきものがとってもうつくしいので、それを眺めながらコーヒーを飲むのもいい感じだ。

P1260288 中之島ダイビル

昔風の装いのダイビルの雰囲気にもあったダルマイヤーカフェ、ちょっと大阪にきたら毎回立ち寄りたいカフェになった!


ダルマイヤーフラグショップ&カフェ
住所:大阪市北区中之島3-6-32ダイビル本館1F
電話:06-6479-0202
営業:平日8:00~19:00、土日祝10:00~20:00
定休:無休
http://www.dallmayr-jp.com/
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-26 22:50 | cafe | Comments(0)

パリ・アッシュ

P1260264 パリアッシュ
パリ・アッシュ
Panasonic DMC-GX1, LUMIX 20mm f1.7

大阪出張でホテルを探し回って、中之島に決まった時に、翌日帰り際にどこかに立ち寄れるか?なんて不埒なことをおもったのだが、探してみたらそういうお店があるものだ(笑)

清水美穂子さんが担当するAll About[パン]サイトの「All About読者が選ぶベストパン★2014」でみごと5位に入ったパリ・アッシュ

なんとホテルからぶらぶら歩いて5~6分のところにあるのだった。

P1260286

お菓子とパンの中間の様な、独特のパンという呼び名高く、かなりワクワクしてそのドアを開けた(自動ドアだったけど(笑))のだが、店内に入るとそれほど大きくない、でもとても明るい店内に、ぎっしりと様々なパンが並んでいるのだった。

本当に良い香りが店内には漂っていて、奥でもパンを焼いている。なんかパンを焼く香りってとても幸せな香りだなあって思う。パンにはまり人が多いのもうなずけるというものだ。

P1260260

流石に、店内を撮らせてくださいというには、ちょっと勇気がなくて(笑)、そのままあれこれおいしそうなパンを選んで注文してみた。

オレンジマーマレードたっぷりのオレンジのエピとか、チーズと柚子のパンとか、オリーブの練り込まれたパンとか、そしてちょっと大型の食パン?とか。

他にもなにかこの店ならではのパンはないかと、店員のお嬢さんにおすすめを聞いてみた。

P1260332

試食もさせてくれたフルーツやナッツやソースがふんだんに練り込まれた彩り豊かなパン、パンドセーグル フリュイセック。

なんか森の中でランチを食べたいなあと思ったときに、バスケットのなかにこんなパンがつまっていたら幸せだろうなと思わせる、そんなパンだった。

おいしいパンをありがとう!


パリ-アッシュ
住所:大阪市北区中之島3-6-32
電話:06-6479-3577
営業: 10:00~19:00
定休:日曜、月曜
http://allabout.co.jp/gm/gc/444493/
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-25 10:20 | Eating:パン | Comments(0)

中之島夜景

P1260241
大阪中之島
Panasonic DMC-GX1,LUMIX 20mm F1.7

久しぶりに大阪出張

橋の向こう側の大阪取引所で会議の後
ホテルに向かう道すがら
中之島公会堂などの夜景を撮ってみた

中之島って、公会堂の周辺だけかと思ったら
結構大きくて、市役所、日銀、そして中之島ダイビルあたりまで
細長く中州になっているのだった

今回の宿、リーガロイヤルも
ここから地下鉄で中之島終点へ
その上にあるらしい

綺麗な夜景を撮るために
マンフロットの小さな三脚を持参したが
それがとっても役立った
GX1にピッタリな三脚だ!

P1260235

P1260234

P1260237
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-24 21:31 | photo | Comments(0)

ヴィクトアリエンマルクト ミュンヘン

DSC_3211
ヴィクトアリエンマルクト
Nikon D800, Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF

1807 年にマキシミリアン 1 世の命で、
食品市場をマリエン広場からもっと広い場所に移転させたことが始まりの
ヴィクトアリエンマルクト

とにかく、ここが一番ミュンヘンで楽しいといっても過言ではない
そんなマーケットなのである

d0227799_15553984.jpg

旧市街地であり観光の中心、マリエンプラッツからすぐのこのビクトアリエンマルクトは、140ものお店がギュッと凝縮された、いわゆる食品マーケットだといえる。

もともとヴィクトアリエンとは、ドイツ語の古語で「備蓄された食料・食糧」といった意味があるらしく、その名のとおり、このマーケットには、野菜、果物、パン、肉類、魚類、はちみつ、スパイス、オリーブの漬物、チーズ、ワインなど、さまざまな食料品が並ぶ、とっても楽しい一角だ。

DSC_3136

作りは比較的い簡素な露天が多く、中にはそれなりの店構えの店もあるが、シートで囲まれたテントのような店舗もそれなりに趣があって、なかなか良いのである。

DSC_3159

この市場の一番の愉しみは、「買い食い」だ。
いろんなお店で様々なものを売っているので、少しずつ買って、食べ歩きするのがいい。
中でも一番のおすすめは、バイエルンの珍味、リバーケーゼ。
豚と牛の肉をミックスしハム状に固めたミートローフの一種で、通常、ドイツの丸いパンの上に挟んで食べる。

ドイツのパンも、周りはカリカリで、中がふわふわでとてもおいしい。

P1260062

マーケットの中心には、バイエルンの色である青と白に飾られたメイポールが建っている。

そもそも、メイポールは、昔はどの工芸や産業が地元地域にとって重要かを示すために使用されていたらしい。いわゆる、市場のシンボルということになる。

よく見ると、このポールには、樽を持った男性や、何かを打っている女性、そしてダンスをしている男女などの人形が飾られており、このマーケットの賑わいを表しているのがよくわかる。

DSC_3141

もっとも目立つのが、野菜や果物ののテント。色とりどりの果物や野菜を量り売りしている。
ブドウを一房買って食べてみたが、甘酸っぱくてとても味が濃い、おいしいブドウだった。

DSC_3154

さらに、おいしそうなチーズが並ぶ露天もいくつも見かけた。
ドイツチーズのことはよくわからないけれど、名前を知っているチーズもいくつか見かけた。
ドイツパンを購入して、チーズの店で黒トリュフのチーズを買ってホテルで食べたが、チーズ、持って帰ればよかったと思うほど、おいしいものだった。

DSC_3150

こんな風にソーセージを売っているお店ビールを飲ませてくれる店などが、軒を連ね、見ていて本当に楽しい。

DSC_3197

ここはオリーブ各種を量り売り敷いているお店。
ピクルスのようなものから、オリーブのオイル漬けまで、いろいろと並んでいて、試食もさせてくれた。

DSC_3218

ドイツはビールのみならずワインも豊富で、チーズとワインの露天もいくつか出ているのを見かけた。

P1260057

ドイツのパンも、やっぱり本場で食べるととてもおいしい。種類もいくつもあって、丸いカイザーゼンメルは、焼きたてのものは、本当においしい。
他にも、クノーテンとかブレッツェルとかモーンシュネッケンなど、そのままお菓子パンみたいに食べられるものも各種並んでいた。

P1260064

そしてドイツといえば紅茶。
紅茶といえばイギリスだろうといわれそうだが、いやいや、ドイツもお茶の国だ。このヴィクトアリエンマルクトにも紅茶を専門に売る露天がいくつか出ていた。
ハンブルグが紅茶の集積港ではあるが、ミュンヘンにもいくつか紅茶専門店もあるらしく、こうした小さな露天でも、かなりおいしい紅茶が購入できるのだ。

DSC_3184

ソーセージを焼いてパンにはさんでくれる店もある。ソーセージ大国ドイツなので、その種類も豊富。
ソーセージというとフランクフルトソーセージを思い浮かべるけれど、やっぱりミュンヘンでは、焼いておいしいのはテューリンガーだ。
焼きたてをパンに挟んで、マスタードを付けて食べるのが、テューリンガーの王道なのである。

もちろん、ミュンヘン一の名物ソーセージは、真っ白な茹でて食べるヴァイスヴルストではあるのだけれど、それはちゃんと食卓に乗ったものを食べるのがいい。

P1260043

もちろん、こんな様々なソーセージ屋ハムなどを、自宅用にはかり売りしているお店もある。
本当はこの白いWeißwurst ヴァイスヴルスト(Munchener(ミュンヘンの)Wei(白い)Bwurst(ソーセージ))を日本に持って帰りたかったが、鮮度が命らしい。もっとも、日本には肉類を持ち帰ることはできないのだが。

P1260054

ミュンヘンは寒かったので、こんなスープのお店もとっても嬉しい。
日本語で「市内でも最高のスープ」って書かれているのは笑ったけれど(笑)
中国語、韓国語ではなく、日本語だってところが偉い(笑)

DSC_3226

マーケットは景観的にもとってもいい感じにフォトジェニックだった。
街灯も趣がある。

というわけで、まずはここで腹ごしらえ。
ぐるりと一回りするだけでも、結構な時間がかかるので、
ミュンヘン市内をぐるりと歩き回った後に、ランチをここでなんていうのもいいかも知れない。
もっとも、ビール呑みの人には、夜のお楽しみ(市内最大のビヤホールにもなるらしい)も!

ヴィクトアリエンマルクト
住所:Viktualienmarkt 80331 München
営業:月-金 10am - 6pm, 土 10am - 3pm
定休:日曜日
http://www.muenchen.de/int/en/shopping/markets/viktualienmarkt.htm
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-23 15:53 | travel | Comments(0)

ルイスホテル ミュンヘン

DSC_3232

ミュンヘンでの宿は、インターネットで予約したルイスホテル

マリーエンプラツから徒歩ですぐの場所にある。
観光名所にはどこへ行くのもなかなか便利だ。

d0227799_1545268.jpg


ホテルのウエブサイトは日本語ページもあって、なかなか綺麗な内装だったので、家人が予約した。

2015-02-02 15.50.32

3人部屋なので、2ベッドにプラスでもう一台ベットを入れる都合上、一番広い部屋となったが、比較的リーズナブルな価格で、しかも、綺麗なデザイナーズホテルのような設えだった。

2015-02-02 15.50.42

ベットも広く、そしてソファーなどもいい感じに配置されており、さらに、エスプレッソマシーンが完備されているのもうれしい。

2015-02-02 15.50.19

天井はやや低い印象もあるが、壁が白く塗られてるので、とても清潔感がある。

2015-02-02 15.51.17

バスタブ、シャワー、洗面台もいろく、使い勝手が良い。ただし、アメニティーグッズはほとんど用意されていないので、歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃りなどは持参する必要がある。これは、まあ、欧州のホテルなら一般的かもしれないが。

トイレは入り口付近に別個室として設けられている。

P1260003

ウォークinクロゼットも広く、なかなか居心地の良いホテルだった。
ホテル自体の内装も、なかなか現代的。
各フロアーは10室ぐらいか。

P1250999

ただし、フロントの黒人の女性が今一できない感じだった。返事や対応はいいのだけれど、手配がきちんとできていないとか、メールの返事がすぐに来ないとか、そういう細かい部分でイライラさせられたのは、マイナスポイントだ。

チェックイン時に帰りの空港までの送迎を頼んだのだが、きちんと手配できていないみたいで、再度翌朝に確認したら、ドイツ人の男性がてきぱきと手配してくれた。こういう部分を見ると、日本のそれなりのホテルのサービスがすごくできているというのがよくわかる。

P1260002

ホテルにグランドフロアにはエミコレストランがあり、そこで朝ご飯のバイキングを食べることになるのだが、なにか不思議な和風の設え。日本風のメニューでありながらドイツなどのヨーロッパ、さらにはアジアンテイストのメニューが何とも不思議だった。

P1250995

ドイツで有名な白いソーセージも味わえて、ここの朝ご飯はなかなかいい感じだった。

DSC_3135

マーケット側の裏口。
地下から裏側にすぐ抜けられるのもいい感じだ。
このホテルの入り口には、いい感じの小さなカフェスペースもあった。


LOUIS Hotel
住所:VIKTUALIENMARKT 6 - 80331 MÜNCHEN
電話:+49 89 411 190 8-0
http://www.louis-hotel.com/
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-22 14:15 | Hotel | Comments(0)

ウィーンからミュンヘンへ

2015-02-02 11.25.25
ウィーン国際空港への道
iPhone6

ウィーンでの三泊を終え、旅の最終地点ミュンヘンへ向かう。
ウィーンに着たときは夕方だったのだが、昼前のウィーン郊外の高速を走っていると、思いのほか工場が多いのが目についた。

2015-02-02 11.49.36

ウィーンからミュンヘンまでは、同じEU圏内ということもあり、基本的には出国手続きはない。ほぼ国内線扱いだ。しかし、手荷物検査は面倒で、カメラは本当に撮れるのか?撮って見せろとか言われたり、結構厳重だった。フランスでのテロのせいかもしれない。

それに電子機器をiPhoneやらiPadやらデジカメやらあれこれ持っていたからだろうか。家人は、さらに身体検査のようなこともされていた。手術のあとの金属がひっかっかったのだろうか?

手荷物検査が終わると、ゲートまでの間に、いろいろな免税品店がならんでいて、そこでもいくつかお土産をゲットした。ザッハーのトルテも売っているのだなあ。

写真 2015-02-02 22 03 27

飛行機はルフトハンザ。とても小さなシャトル便のような機体。で、ミュンヘンから飛んでくるのが遅れたのか、それとも前の飛行機が大幅に遅れたのが原因か、30分ほどのディレイ。大幅に遅れなくてよかった。

写真 2015-02-02 21 51 14

飛行時間は45分。ちょうど羽田から小松みたいな感覚か?
離陸して水平飛行に入った途端にランチが出た。一応ビジネスなんだけれど、座席がビジネスなわけではなくて、エコノミーの二席を1人で利用するって感じ。一応ランチメニューはビジネス扱いだった(笑)。

写真 2015-02-02 22 02 39

機内放送はドイツ語と英語。結構なドイツ語なまりの英語だったけれど、とりあえず何言っているかは聞き取れた(笑)。で、ミュンヘンは雪だとのこと。

ルフトハンザのアテンダントさんは、でかいという印象があったけど、とてもにこやかでいい感じだった。

ずっとオーストリアの雪大陸を横断する形でミュンヘンへ。ザルツブルグの上を飛んだのかな?

2015-02-02 14.34.43

ミュンヘンには出発が遅れたので、そのまま30分遅れで到着。しかも、端っこの方に駐機されたので、久しぶりにタラップで地上に降りて、バスでターミナルへ。

たしかに少しだけ雪が舞っている感じだった。

そのまま入国審査もなく、バゲッジクレームへ。最近ン日本からドイツに入国すると、なんやかんや関税がうるさいらしい。申告しておかないと多額な関税かけられたり、自分の利用するものといっても、ドイツで売るのだろうといちゃもんをつけられるらしい。幸いウイーンからの入国なので、そういう面倒なことは一切なくて、楽ちんだった。

そういえば、ミュンヘン空港も魅了のWi-Fiは使えるけれど、設定がめんどくさい。なにやらメールを登録しなくちゃいけないとか、利用制限時間があるとか、しかも速度が結構遅い。そういうところはウィーンの空港のほうがすぐれている感じだった。

2015-02-02 15.12.43

ホテルに有料の送迎をお願いしておいたので、迎えに来てくれていたのだが、最低限の英語しか話さないおじさんだった。しかし、何やらにこやかで人の良い感じ。リンゴを積んでいて、ウエルカムアップルをくれた(笑)。

市内まではアウトバーンを30kmほどぶっ飛ばす。ベンツのリムジンなので、乗り心地は抜群で、加速もよい。制限速度はなし。150kmぐらいのスピードで市内に向かって走った。

2015-02-02 15.25.05

途中道路の両脇は雪が積もっており、市内に入ったら、本格的な雪が降り出した。ホテルに着くと、4時前ぐらいだった。でも、無事にホテルに到着。

なかなか欧州の古都といった感じで、よさそうな街だった。
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-21 20:18 | travel | Comments(0)

4月まで薬漬けf^_^;)

2015-02-20 12.31.02-1
花粉症の薬
iPhone6

またまた花粉の季節。
いつもは1月下旬に耳鼻咽喉科に行って、2〜3ヶ月分の薬をもらってくるのだが、今年は去年の残りが多少あったのと、1月の終わりに旅行に出てしまったので、気がついたらこんな時期になってしまった。
幸いまだ顕著な症状は出てないので、今からでもOKと言えそうだ。

健保の診療所に行ってもらったのは、もうここ十年ほどお世話になっているポララミンとクラリチン。
ポララミンはとても小さな薬なのだけど、めちゃくちゃ効くので止められない。とても眠くなるデメリットはあるのだけど、体が慣れるとそうでもない。逆に夜などよく眠れていい感じ(笑)

まあ、体もこの薬には慣れているということで、新しい薬にはまだトライしていない。

しかし、お医者さんも、ちらっと鼻の奥を覗いただけで、去年と同じ薬でいいですねと、そんな感じ。たまにはこんな新しい薬があるけど試してみますかって言ってくれれば、多少冒険してみるんだけどなあ(笑)

ともあれ、これらの薬とは、ゴールデンウイーク前までのお付き合い。よろしくな!f^_^;)
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-20 22:39 | life | Comments(0)

ALTMANN&KUHNE アルトマン&キューネ

DSC_2657 ALTMANN&KUHNE
ALTMANN&KUHNE
Nikon D800, Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF

ケルントナー通りをグラーベンに曲がった
すぐ右手にある小さなチョコレート屋さんが
アルトマン&キューネだ

d0227799_17143868.jpg


小さなチョコレートを
いろいろと飾りのついた箱に納めて売られているのが
とても可愛くておすすめなのだ

P1000893

箱の大きさもいろいろあって、
自家製のチョコレートもいろいろと選んで
箱詰めしてもらえる

ただ英語が通じにくいので
最初から箱に入ったものを選んだほうが楽くではある

2015-02-07 11.20.29-2

好きなチョコレートを量り売りもしてくれる
地元の駄菓子屋的雰囲気のチョコレート屋さんといえよう

もちろん、味はとってもおいしい!


ALTMANN&KUHNE アルトマン&キューネ
住所:Graben 30, Wien
電話:(01)5330927 /
営業:9~18時30分(土曜は10~17時)
定休:日曜
www.altmann-kuehne.at
[PR]
by darjeeling_days | 2015-02-18 17:09 | travel | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

life
Magazine
word
photo
camera
gadget
book
stationary
web/IT
music
entertaiment
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
cafe
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business

最新の記事

大人への階段を登った時に
at 2017-03-07 20:07
彼は未だに旅を続けているはずだ
at 2017-03-06 18:00
夜桜 TOKYO / キース..
at 2017-03-05 06:17
Toto ー I Won't..
at 2017-03-04 20:27
Don't Stop Me ..
at 2017-03-03 18:04

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

最新のコメント

saykazさん 素敵..
by darjeeling_days at 20:56
うちの山下がお世話になっ..
by saykaz at 23:46
おお、細かいところをご覧..
by darjeeling_days at 15:32
リラックマが気になりました!
by ぽち at 21:45
moさん コメントをあ..
by darjeeling_days at 12:39
はじめまして 駒沢敏器..
by mo at 08:55
yasuyasu0402..
by darjeeling_days at 15:36
こんにちは! 初めての..
by yasuyasu0402 at 11:48
ダイスケさん、届きました..
by darjeeling_days at 21:05
楽しみにしてます
by SleepWalker-D at 16:31

最新のトラックバック

オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
モーツアルトのアンサンブ..
from dezire_photo &..
浅草橋 金燦燦 麻婆豆腐
from Tommyのきままなグルメラ..
ばれんたいんでー!てやん..
from すずちゃんのカメラ!かめら!..
時間と空間
from すずちゃんのカメラ!かめら!..
[美味しいもの]Mrs...
from ぽち語録
[食]代々木「BISTR..
from ayanolog はてな館
旬のうちに、もう1枚
from すずちゃんのカメラ!かめら!..
[写真]SIGMA 18..
from ayanolog はてな館
山猫軒のランチ@東京都 ..
from まめ小路入ル -今日のまめゑん-

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

携帯百景

携帯百景 - tearecipe




お気に入りブログ

sudigital af...
happy *riko*...
はりあなのこころ
しなしなとだれかのお写ん...
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
~feel Passi...
...
エクランの撮影日記
K5 Photo Cafe
coupe-feti
メタボギア<METBO ...
FOTO CYCHEDE...
陶芸つれづれ 器と暮らし
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
151A
Prism -光変換器
KAZOKU no JI...
自由時間ー至福のひとときー
くまはな便り
月の雫

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧