<   2015年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

割烹 桃の花@岡山

_1320129

岡山の夜は知人に酒囲屋本店を教えていただき、そこに予約の電話を入れたら、見事に予約でいっぱいで、どうしようかと悩んでいたのだが、岡山商科大学の教授で元上司のSさんにいろいろとお聞きしたら、候補の一つに「桃の花」があった。食べログで調べてみたらなかなかよさそうだったので、予約の電話を入れ、席の予約をお願いした。

正直、あたりだったなあと。こじんまりとしたカウンターと座敷が二つというお店なのだが、なかなか人のよさそうな店主がカウンターを取り仕切っていて、和気あいあいとした雰囲気が流れていた。

本当はカウンターがよかったのだけれど、なぜか座敷になってしまっていたが、まあ、その分のんびりと食事ができたからよしとしよう。

食べたのは以下の通り。


_1320131
突き出しはタコの煮物

このあたりは瀬戸内のタコがおいしいので、こういう煮物もかなり美味しく楽しめるのがうれしい。

_1320133
瀬戸内の刺身盛り合わせ

シャコが現物でどーんと出てきたのは初めて食べたかもしれない。
見た目かなりグロテスクで、最初にこれ食べた人偉いなあって思うけど
食べるとこれもなかなかうまい!

_1320136
岡山名物ままかり

どうもママカリときびなごをついつい間違えがちだが
岡山はままかり。
このママカリは結構大きいのか?
いつもは握りと散らし寿司のものしか食べたことないので
ママカリの姿煮というのは、初めてだった。

_1320139
蟹クリームコロッケ

この店の名物だというので食べてみた。
たしかになかなかおいしい。
思わずごはんがほしくなった(笑)

_1320141
岡山産のマツタケを使った土瓶蒸し

この秋初めての土瓶蒸し。
なんとなくだけれど、岡山産のマツタケはあっさり目だなあという感じだ。
香りはするが、若干スダチに負けている感じがしたのが残念。

_1320143
タコの刺身

刺身盛り合わせのタコがとてもおいしかったので、
タコの刺身だけを追加でオーダー。
流石瀬戸内のタコ!
新鮮さが違う気がする。

_1320144
鱧の天ぷら

鱧はやはり西国のためものだなあ。
なかなか巻頭だと食べられない。
とてもおいしかった。


_1320152
締めには黄ニラ雑炊。これはおいしい!



桃の花
住所:岡山県岡山市北区田町1-12-2
電話:050-5869-4519 (予約)
営業:17:00~23:00
定休:不定休
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-20 23:25 | Eating:和 | Comments(0)

cafe moyau

_1320093

城側から後楽園へ入り正門に抜けたので、その後どうしようかなとおもい、竹下夢二郷土館があったっけと、そこを覗いた後、旭川にかかる箸を渡って対岸にあるカフェで一息。

_1320092

川淵にあるので、岡山城の天然の堀の役割をしている旭川が一望できるとてもいい感じのカフェだった。

ここはどうやら倉庫を改装したらしいのですが、あまり倉庫的な感じはしなくて、個人宅を思い切り改造した感じの建物。

内観は、大きく4つのエリアごとに違った雰囲気。正面入り口は、夏ということもあり、オープンカフェ的な感じで外の面してソファー席などが並んでいる。そして横手のドアを開けると、まるで大きめの書斎というか小さな図書館というか、壁にずらりと本が並んだスペースが出現するす。川に面して大きなガラス窓、そしてカウンター席があり、それ以外にもいくつかの席が並んでいる。

_1320101

その小部屋の入り口には、地下に降りる階段があり、地下も一応部屋があるらしい。映画の上映会などをやっているんだとか。
その裏側には二階に上がる階段があり、そこは畳の座敷席なども用意されている。窓際の畳席もいい感じに川が見下ろせるのだという。

_1320104

僕らは、本がたくさん並んでいる人気エリアの大きな窓の前のカウンターに陣取って、コーヒーを飲むことにした。本好きなので、目の前の川を眺められるカウンターで、のんびり何時間でも本屋漫画を読んでいられる環境というのは、本当にうれしいものだ。都内の有名カフェのように、お客さんが並んでいるから落ち着けないなんてことはまるでなく、静かな空間に身をゆだねられるのが至福の時間だ。

オーダーは、おっとりした感じのお姉さんが、「忘れられている?」と思った頃にやってきて取っていった。その際に、今日はカレーがおしまいですと告げていったのだが、これが岡山風?と思うぐらい、なんか緩やかな感じだった。

_1320107


僕はコーヒーとチーズケーキを頼んだのだが、コーヒーは深入り豆を使っている感じの美味しいブレンド珈琲だった。ほかにもあれこれランチが充実していて、cafeごはんが楽しめそうな感じだった。

駅からここまで来るのはちょっと面倒な感じで、市電の城下駅から徒歩で7~8分という感じかな。元気がいいと駅まで歩けるけど、城から後楽園までぶらぶら散歩してきてしまったので、帰りはちょうど通りかかったタクシーに思わず手を挙げていた(笑)。

のんびりできる良い環境の、旅カフェとしていい感じの店だった。

_1320121


cafe moyau
住所:岡山県岡山市北区出石町1-10-2
電話:086-227-2872
営業:[月~土]11:30~24:00/[日]11:30~日の入りまで
定休:不定休(web, Twitter, Facebookで確認のこと)
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-20 22:36 | cafe | Comments(0)

岡山城と後楽園

_1320050

_1320056


_1320049

_1320069

_1320074

_1320077


_1320075

_1320083

_1320080

_1320079

岡山後楽園

住所: 〒703-8257 岡山県岡山市北区後楽園1−5
電話:086-272-1148
営業:3月20日~9月30日7:30~18:00
    10月1日~3月19日8:00~17:00
休園:年中無休
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-20 21:55 | travel | Comments(0)

岡山城でかき氷とパフェを食す

_1320046岡山城

岡山に来たからには、岡山城と後楽園は見ておけということで、夏に引き続き、岡山城まで市電を使ってでかけることにした。

岡山城はその色合いから烏城とも呼ばれる、なかなか精悍な見栄えのする城なのだが、残念ながら昭和40年代に再建された他の城の例にもれず、鉄筋コンクリート建てなのがいただけない。もしろん、当時のまま再建されるとすれば、相当な金額がかかることになっただろうが、やはり早期に立てられた美しい現存天主が、第二次世界大戦で灰塵に帰したのは残念なので、当時の姿そのままに再建されればいいのになあと思ってしまうのは贅沢なことだろうか。

しかし、鉄筋コンクリート建てだったから恩恵を受けられることが一点ある。それは城内に設けられた茶屋の存在だ。実は、岡山でかき氷とパフェといえば真っ先に名前が挙がるぐらい有名なのが、「お城茶屋ゆき」。岡山はフルーツ王国でもあるので、フルーツパフェが有名。特に夏の時期は白桃やマスカットなどがこれでもかとあちこちのカフェなどでパフェに乗って登場する。ホテルグランビアの白桃パフェなどは、超高級パフェでしかも絶品だ。そこまでいかなくても、この城内の茶屋のパフェは、かなり満足度が高いという。ならばこれは 行かない手はないわけで、さっそく城内へ突入と相成ったわけだ。

_1320042

お城茶屋ゆきは、窓が設けられていない一角にあるので、開放感に乏しい。お土産屋の一角に甘味ところを作りました?みたいな感じ。さらに、江戸時代の食事処を模しているのはなんか作り物っぽくて、ちょっと入るのをためらわせるような感じではあった。店内はテーブル席、小上がり席。観光客向けにはまあいいかって感じ。

で、まずはかき氷。

ふわふわのかき氷を想像していたのだが、ちょっと違う感じ。雪ノ下系のかき氷とでもいえばよいのだろうか。白桃を用いたシロップがかなりの分量かかっているものだった。でも、この白桃なかなかに美味しい。生のフルーツを食感を残した感じに煮詰めてシロップにした感じ。付け合わせの桃はすでに白桃ではなくなっていたが、こちらも生の桃が使われている。満足度は良好だった。

ただし、値段は観光地値段であることはいなめないか・・・。僕らのような観光客には良いのだけれど、若者にはやや高嶺の花かもしれない。

_1320037

そしてこちらがフルーツのパフェ。

お城パフェ壱番という名前のパフェを注文したのだが、マンゴー、白桃、巨峰、そしてなぜかドラゴンフルールが乗っている、豪華なフルーツパフェだった。中にはこれもなぜかジャスミンティーのジュレとアイスクリーム。ジャスミンティー???って思ったけれど、あっさりして、全体の味を邪魔しない。

ドラゴンフルールは見た目だけなので、これは不要かと思うが、ほかのフルーツはなかなかいい感じにパフェになじんで、美味しかった。

_1320026

城の入場料300円+パフェ1000円弱、合計でそれなりの値段がするパフェになってしまうが、まあ東京で食べることを考えたら安いものか。城も見れて逆にお得感もあるかもしれない(笑)。


お城茶屋ゆき
住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1(岡山城内)
電話:086-221-0758
営業:9:00~17:00
定休:無休
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-20 21:00 | Sweets:和 | Comments(0)

福寿司@岡山

_1320012
Panasonic DMC-GM1,LUMIX G 14mm/F2.5
ƒ/2.5 1/400 ISO400

岡山でおいしい魚を食べたいということで、あちこちいろいろ人づてでお店を探してみたのだが、ランチからめちゃくちゃ豪勢な寿司というのも時間がかかって、せっかくの観光ができなくなるので、リーズナブルでおいしい寿司やを目指すことに。

ちょうどそれに合致したのが、岡山駅の裏側(ANAホテル側)から徒歩5分ぐらいのところにある福寿司だった。

ランチ時間は人気なので、待ち時間も必要かもと聞いていたので、とりあえず席だけ予約して、新幹線が岡山に到着したのち、直接お店へいってみた。

2015-09-20 13.11.11-1


店内は、案の定、カウンターに1席残すだけで満席。予約をしておいてよかった。車で他県から来た人は、それから1時間後に予約して出直しとのこと・・・。

白木のカウンターで、握りをひとつづつ出してくれるというような気取ったお店ではないが、地元の人でにぎわう家族的なお店。気軽に食べにくるにはうってつけという感じか。

_1320007

僕らが注文したのは、地のものがたくさん組み込まれたランチの特上握りのセット。ままかりだとかあなごだとか、瀬戸内産の鯛だとか、新鮮でとても美味しかった。

岡山特産のバラチラシは、2日前までに予約が必要だが、普通のちらしもおいしそうだったので、来年の岡山スクーリングの際には、ここに来てみることにしよう。


福寿司
電話:086-252-2402
住所:岡山県岡山市北区奉還町2-16-17
営業:[火~土]11:00~14:30/17:00~22:00(L.O.21:30)
    [日・祝]11:00~14:30/17:00~21:00(L.O.20:30)
定休:月曜日
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-20 20:37 | Eating:和 | Comments(0)

岡山→出雲→松江 の旅

_1320014

シルバーウイークに出雲大社へという計画はずいぶん前からあったのだけれど、人気のサンライズ出雲の予約で苦戦して、ななかな予定がたたなかった。幸い、帰りのサンライズ出雲がとれたので、行きは岡山軽油で特急いずもで出雲入りすることになった。本当は飛行機でという選択肢もあるのかもしれないけれど、JALしかないし、そもそも飛行機というのは苦手なので、ちょっとご遠慮させていただきたい(笑)。

ということで、20日に朝一の新幹線で昼に岡山入り。そこで一泊して、翌朝一番の特急で出雲入りすることにした次第。出雲は大学2年の夏のサークルの合宿で行って以来。それこそ35年ぶりぐらいか。すっかりどんなところか記憶が薄れてしまっている。

せっかく出雲に行くのなら、出雲の歴史というのもあらかじめ復習しておかなければいけない。特に、今回は素戔嗚巡りの旅みたいなところがあるのだからと、久しく読んでいなかった『消された覇王』などを取りだして、素戔嗚から大国主への流れ、大国主の国譲りから邪馬台国、そして神武の東遷などの関係をちょこっと整理して見ようかなんてことを考えた。それは、考古学から導き出された縄文から弥生の文明の状況はいいとして、古事記の素戔嗚や大国主から魏志倭人伝に残される邪馬台国、そして神武の東遷までの流れをどうやって結合させればいいの?というのがよくわからなかったからだ。

大国主の国譲りの結果として、荒神谷の遺跡が出来たのか?とか、大国主の命が国譲りしたのに、なぜ神武は東遷をしなくちゃいけなかったのかとか、出雲にも大和とは違った独自の古墳があるということは、大国主の後にもまだ出雲は栄えたのかとか。なんかわからないことがたくさんあった。そもそも、大国主って、そんなに偉大な王様がいたのか?その疑問はちょっと『消された覇王』に毒されているかもしれないけれど、やっぱり饒速日と大国主の関係って、もう少し解きほぐしておかないといけないのではないかとか。

ともかく、まずは、素戔嗚だ。今回の出雲では素戔嗚の遺跡をたくさん巡る。基本は神社だけれど、弥生時代のことがまだまだこんな風に残っているのがとても面白いなあと思う。

ということで、岡山は吉備津彦伝説の強く残った場所だけれど、吉備津彦が退治した鬼の流れともいえる、吉備の勢力とも密接に関係のある出雲族の王国を、ちょっと掘り下げてみてみたいなあと思う。
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-20 13:31 | travel | Comments(0)

PROVIA 100Fを2箱買ったこと

_1310977
Panasonic DMC- GM1, LUMIX 14mm F2.5


度に持って行くためのフィルムを購入。
このところフィルムはネガではなくポジばかり。
でも、やっぱりポジが好きなんだよね。

PROVIAの400Xがなくなるらしい。
真昼なら100Fで問題ないのだけれど
やはり暗くなって三脚ないと400Xは欲しいところ。
フィルムはどんどんなくなっていくのだなあ。

とりあえず、100Fを二箱。
12枚撮りで10本だから120枚。
デジタルならあっという間だね。

でも、きっとこの度で使うのは1箱程度かなあ。
それだけ一枚の重みが違うということか。
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-18 20:24 | photo | Comments(0)

雨の日の都会の歩き方

2015-09-17 09.17.00-2
iPhone6


夏が終わる前から雨が降りだして
このところずっと雨ばかりの日が続く
そして気が付かないうちにすっかり秋の気配

秋の長雨とは言うものの
一方で天高く馬肥ゆる秋のはず

こんなにグづついた雨の日が続くと
都会を歩く気にもならない

だからアリの巣のように
縦横無尽につながった
地下道を彷徨するのが
雨の日の都会の歩き方というものだ
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-17 08:39 | life | Comments(0)

中華粥 再び

_1310947

おいしくできました。
前回と基本は同じ。
パクチーがやはり合うと思う。
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-14 20:17 | recipe | Comments(0)

浅草むぎとろ本店

_1310912

_1310940

_1310919

_1310924

_1310925

_1310928

_1310931

_1310935

_1310939


浅草むぎとろ本店
住所:東京都台東区雷門2-2-4
電話:03-3842-1066
URL:http://www.mugitoro.co.jp/index.html
[PR]
by darjeeling_days | 2015-09-13 19:36 | Eating:和 | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

life
Magazine
word
photo
camera
gadget
book
stationary
web/IT
music
entertaiment
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
cafe
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business

最新の記事

日本橋百年老舗企画
at 2017-10-17 21:03
iPhone6のバッテリー、限界
at 2017-10-15 16:24
サマソニのBABYMETAL
at 2017-10-14 20:30
日本橋百年老舗 人形町その1
at 2017-10-12 10:09
どんぐり
at 2017-10-11 11:40

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

携帯百景

携帯百景 - tearecipe




フォロー中のブログ

sudigital af...
happy *riko*...
はりあなのこころ
しなしなとだれかのお写ん...
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
~feel Passi...
...
エクランの撮影日記
K5 Photo Cafe
coupe-feti
メタボギア<METBO ...
FOTO CYCHEDE...
陶芸つれづれ 器と暮らし
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
151A
Prism -光変換器
KAZOKU no JI...
自由時間ー至福のひとときー
くまはな便り
月の雫
ぱんのみみ

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧