きゅうすスキッターで珈琲をちゃんと淹れる

きゅうすスキッターで珈琲をちゃんと淹れる_d0227799_21362276.jpg
オフィスで珈琲を淹れる際に使っているのが
ティファールの電気ケトル 「アプレシア プラス」という奴。
すぐに湯が沸くのがいい感じなのだが、
難点は、注ぎ口が広いこと。
ドリップするときに
湯の量の調整ができないのだ。

バルミューダのケトルを買うかとか
あれこれ考えてメリデメを調べてみたのだが、
ティファールのケトンは、
湯沸かしとしては、相当優れているので、
これを有効活用するにはどうすべきかを考えた。
P1900210_1
そこで利用できるかもと考えたのが、
急須や薬缶の注ぎ口に使われる
急須スキッターという金具。

2つの金具が接着されていて
微妙な角度に曲がっている。
上の金具は急須の口にうまい具合に
この金具を取り付けるためのもの。
下の金具が実際に湯を注ぐ時の湯の導入線になる。

これが取り付けられれば、
ティファールの口が広くても
細い湯をドリッパーに垂らすことができるのではないか?

早速Amazonで注文してみた。
2個入りのセットが380円と低価格。
2018-11-01 06.26.30
そして届いたものを
ティファールの口に取り付けてみた。

多少ペンチで押し広げたりして
どうにかいい感じに装着できた。
試しに珈琲いれてみたら、
これがとっても良い感じだ。
細くドリップに湯を垂らすことができるのだ。

おかげで今までみたいに、
結構な湯を一気に入れてしまい
まるでアメリカーナのようになってしまっていた珈琲が
ちゃんといいい具合の珈琲として淹れることができるのが
とっても感動ものだ。

300円台でこの感動。
ケトル買い替えなくてよかった(笑)。
dd_fotterjpg

by darjeeling_days | 2018-11-01 10:01 | coffee:珈琲(豆) | Comments(0)

美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。https://www.tearecipe.net/


by darjeeling_days