人気ブログランキング |

カテゴリ:travel( 377 )

にし茶屋街とひがし茶屋街

2019-10-30 10.10.50-2

金沢の観光名所として必ず上がる
ひがし茶屋街とにし茶屋街。
(もう一つ主計街というのもある)

今更僕が語る必要もないぐらい
有名な場所なので、
金沢旅行をしたことがある方なら
だれもが訪問している場所だろう。

今回片町からぶらぶら徒歩で
神明宮を参詣した後
まずはにし茶屋街へ。

しかし、ここはどの店もオープンが遅い。
今日は12時50分の新幹線でとんぼ返りなので
オープンを待っているわけにも行かず、
とりあえずオープンしていた
甘納豆のかわむらだけのぞいてみた。

ここでは甘納豆を買うよりも
ついついオレンジピールのような奴と
栗の渋皮煮(ほぼマロングラッセ)をお買上。

そのまま、再び犀川大橋を回って
片町から堅町へ向かうも
水曜日はこの辺一帯すべてといっていいほど定休日。

行きたかったコーヒースタンドも休業。

仕方がないのでタクシー捕まえて
ひがし茶屋街へ向かってみた。

ひがし茶屋街に来たなら
不室屋で麩菓子をかうのと
一笑で加賀棒茶を飲むのが定石なのだが、
なんと一笑は13:00開店だった・・・。

ぶらりと写真を撮って
一件だけand KANAZAWAという
今年で来たばかりのカフェに立ち寄って
駅に帰ることに・・・。
まあ、急きょの弾丸出張なんてこんなもの。


<<にし茶屋街>>
P2160288
ほぼ人がいない
P2160289
店のオープンも11:00すぎから
P2160286
有名ならくがんの店はかろうじてオープン
2019-10-30 10.13.59-1
そして甘納豆 かわむらも(全景)
2019-10-30 10.14.53-2

2019-10-30 10.19.14-1

IMG_4548
にし茶屋街のお姉さんたちの集まりか???



<<ひがし茶屋街>>
P2160310
さすがにひがし茶屋街は人が多い
2019-10-30 11.32.24
でも、まだ時間的には閑散としている
P2160314
一部修学旅行生とか団体さんが歩いている
P2160300

まあ、ここに来ると
金沢に来たなという気分になれるので
とりあえず訪問しておけという
場所なのである。


logo


by darjeeling_days | 2019-10-30 11:00 | travel | Comments(0)

寅さんの故郷、葛飾柴又へ 帝釈天参道を愉しむ

P9150119

ひょんなことから、帝釈天に行こうということになり、
大手町から千代田線に乗って金町で京成に乗り換えて
柴又まで行った。

柴又の駅を出ると、
駅前広場に寅さんとさくらの銅像が
対面する形で立っていた。
さくらの銅像ってまえからあったっけと思いながら
参道へ進む。

P9150121

P9150123

駅前からすでにお土産屋だとか
飲食店だとかが並んでいて、
なんかいい感じにワクワクする。

駄菓子屋(おもちゃの博物館でもあるらしい)なんかも
結構フォトジェニックだ。

ここを過ぎると、帝釈天の参道が始まる。
川魚や鰻で有名なゑびすややら
やはり鰻の店たなかたがあり、
帝釈天参道の交差点を越えると
そこから帝釈天の山門までの間が
本格的な参道だ。

P9150126

P9150127

P9150131

両側に老舗の土産屋が軒を連ねる参道は
まさに、正しい「参道」なのである。

歩いているだけでも楽しい
様々な店が軒を連ね、
買い食いしながらぶらぶら散策も可能だ。

参道に並ぶのは
 鰻や川魚の川甚、川千家、たなかや、ゑびす家
 草だんごの亀家本舗、髙木屋老舗、とらや、吉野屋
 餡蜜ところてんのかなん亭
 蕎麦のやぶ忠
 天麩羅の大和家
 煎餅の浅野屋、金子屋、立花屋
 漬物のい志い、大徳
 佃煮の丸仁
 飴の松屋の飴総本店
 最中の代々喜
といった様々な老舗。

帝釈天の参道では
草だんごが有名で、多くの店によもぎの餅に
餡子の乗った草だんごが並んでいるのである。

ここを歩くだけでも
"観光"気分満載だ。

P9150136

P9150138

P9150145

P9150159

P9150162






logo

by darjeeling_days | 2019-09-15 11:00 | travel | Comments(0)

日本橋稲荷巡り:寶田恵比寿稲荷

P2080279

息子のマンションがある日本橋本町に
昔からあるのが「寶田恵比寿稲荷」だ。
慶長十一年の昔三百六十余年前江戸城外宝田村の鎮守だったという。

しかし、この宝田村は、今の千代田区大手町2丁目周辺。
では、なぜ、日本橋本町にあるかというと、
徳川家康が江戸城拡張により
宝田、祝田、千代田の三ヶ村の転居を命じ
馬込勘解由と云う人が住民を引率して
日本橋本町に集団移動したのだという。

P2080280

もともとは、馬込勘解由が
三河から家康とともに江戸に入り
各種の手柄により恵比寿(鎌倉時代の名匠運慶の作)を授け賜ったため、
平穏守護の御神体として宝田神社に御安置たため、
寶田恵比寿神社という名前になったのだといわれている。
もっとも、宝田稲荷神社自体は
さらに昔からあったらしい。

主祭神はお稲荷さんなので「宇迦之御魂神」を祀る。
他にも事代主命・少彦名命・大国主神・大己貴命・素盞嗚命を
合祀しているらしい。

お稲荷さんは、出雲系というのも
面白い由来だなあって思う。

伊勢神宮の下宮の豊受大神宮を元にした
豊川稲荷系の神社もお稲荷さんなので、
系統としては伏見稲荷系と笠間稲荷を加えた
三系統なのだろうか。

P2080283


ちなみに、馬込勘解由は結構なやりてだったようで、
三伝馬取締役に出世し、
そのため、この一帯が大伝馬町という名前になったらしい。
彼は、伊勢・駿河・遠江・美濃・尾張などの
家康ゆかりの国々より商人をこの地に集めたため、
寶田恵比寿神社のすぐ北側に走る
江戸通り一帯は、
あらゆる物資の集散地として大変賑わったのだという。

P2080286


そんな経緯もあり、
いまだにこの一帯では
10月に「べったら市」や恵比寿神祭が
盛大に執り行われるという。

息子の部屋からも見下ろせる位置にあるので
今年のべったら市は除いてみようか。


寶田恵比寿神社
住所:東京都中央区日本橋本町3-10-11




logo


by darjeeling_days | 2019-09-06 06:20 | travel | Comments(0)

日本橋稲荷巡り:出世稲荷

P2080303

椙森神社から
若干人形町方面に南下すると、
Google mapに「出世稲荷」の表示が現れる。

細い路地を右に入ると
マンションの入り口に
「出世稲荷」の石碑が見える。

でも、そこは自転車置き場。
???
よく見ると自転車置き場の置きに
お稲荷さんがあったのだった。

P2080307

恐る恐る自転車置き場を入り
突き当りの赤い旗のところに行き着くと、
小さな鳥居がある。

右側にマンションの一角を工夫して
お宮が立っているのだった。

お宮の前は猫の額ぐらいの
空間があり、
そこに朽ち果てそうな
木の棒が一本建てられていた。

P2080306

は組の木遣り塚というもので、
このあたりが「は組」の書簡だったということらしい。

江戸時代に町家が発展したことから
地域での「消防」を担うために、
大岡越前の指導でできたのが「町火消」だ。

これがさらに整備され
10番(区割り)の「いろは48組」と
大川(隅田川)以東の3組(区割り)が
「町火消」組として整備されたのだとか。

で、木遣りとは
土木などの共同で行う
労働時の「掛け声」だという。
火消は、大変な土木作業でもあり、
それぞれの組ならではの木遣りがあったらしい。
そのため、各地の神社稲荷には、
いまでも木遣り塚が残されているらしい。

この出世稲荷には、
その「は組」の木遣り塚が残っていたわけだ。

P2080304

肝心のお稲荷さんは、本当に小さな神社。

創建は江戸時代の初め、元和3年。
北条家の浪人であり、
吉原遊郭を作った庄司甚右衛門の仮屋敷が
この場所にあり、
その屋敷神として京都の伏見稲荷より
ご祭神を勧請して祀ったのが始まり。

関東大震災で被災したので、
椙森神社の再建時に、
取り壊しで出た材木を使い、
昭和6年に再建されたという。

何故出世稲荷というかというと、
江戸時代の歌舞伎役者である初代市川團十郎が、
日参して祈願し名を上げたことからなのだとか。

岩代稲荷神社が合祀されており、
社殿にはその扁額も掲げられていた。
ちなみに「岩代」は
ここの東側付近の旧町名で、
旧日本橋区役所が設置された場所らしい。

P2080361

世話人らしいご老人が掃除をしていたのだけれど、
僕が手をあわせようとしたら、
横によけてじっとされていたので
早々にお参りを切り上げたのだけれど、
なんと、ご老人が
「早朝からお参り頂いたので
お札を差し上げます」と
普段は配布していないお札をくださった。

早起きは三文の徳、
なにか良いことがありそうな気がして
なんか嬉しかった。


出世稲荷
住所:東京都中央区日本橋堀留町1-6-11


logo

by darjeeling_days | 2019-09-06 06:05 | travel | Comments(0)

日本橋稲荷巡り:元徳稲荷神社・綱敷天満神社

P2080196

明治座から人形町へ向かう明治座通り
(浜町緑道寄り南になると甘酒横丁になる)を
途中で左折すると
その先に元徳稲荷神社・綱敷天満神社がある。

ここは初めて来た。
Google mapで初めて知ったのだった。

他の稲荷同様小さな稲荷なので
社務所などはなく
イベントの時のみ
世話人がお守りや御朱印を配布するらしい。

P2080200

境内に接地された説明書きによると

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
江戸時代上期1500石を領した川村徳エ門が
伊勢神宮の外宮、豊受大神宮より分け御霊を受け、
小石川の自分の屋敷内に祀った。
後に屋敷替えとなり
今の墨田区立川3丁目の三ッ目通り三ノ橋の袂に遷宮して
一般市民の参拝が出来るように開放した。

豊受大神宮は瑞穂の神として
国魂の神になって居たので
庶民が豊作をもたらす神として祀る場合は
稲荷神社の神名で祀るようになった。

川村徳エ門が再度屋敷替えをした跡に民家が建ち、
この町を「元徳エ門町」といい、
稲荷神社は元徳稲荷神社と名づけられた。

細川公という大名屋敷が
今の浜町二丁目西部町会(以前は元徳町会と呼ばれていた)内にあり、
細川公が懇請して元徳稲荷神社の分け
御霊を受けて祀ったのが元徳稲荷神社の由来だ。

元徳稲荷神社に、同じ町内に祀ってあった
学問の神である天神様(綱敷天満神社)を合社した。

進学の神、産業、商売繁盛、
火伏せの神としてのご利益も伝えられている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とのことである。

P2080199


比較的手入れのされたお稲荷さんで、
説明書きの横には
御朱印代わりのハンコが常設されていた。

元徳稲荷神社綱敷天満神社
住所:中央区日本橋浜町2-3-5

logo

by darjeeling_days | 2019-09-05 06:11 | travel | Comments(0)

日本橋稲荷巡り:明治座稲荷

P2080192

地下鉄都営新宿線を乗り越して
早朝散歩する場合の
出発点の一つが浜町だ。

もともとは、茅場町から歩いて浜町まで来て
座って自宅の最寄り駅まで帰るのがしばらく前までの
毎日の習慣だったのだけれど
オフィスが日本橋に移転してからは
早朝散歩の起点に変更になった。

P2080193

清澄橋通りから浜町公園までの間には
銀杏の木立が続いているのだけれど、
そこではなく、明治座の真ん前を通って
浜町公園側に行くと
明治座の建物の途切れる角に
小さな社が立っている。
それが明治座稲荷だ。

P2080191

明治座稲荷は、茨城県にある笠間稲荷から分霊した
お稲荷さんらしい。
「笠間出世稲荷大明神」と鳥居の額に書かれている。
歌舞伎や演劇と稲荷は
昔から密接な関係があったらしい。
その名残ということなのだろうか。

歌舞伎の江戸三座(中村座・市村座・森田座)も
それぞれ楽屋に稲荷大明神を祭祀していて、
中村座は「銀杏稲荷大明神」、市村座は「大津稲荷大明神」。
「商売繁盛」や「安全祈願」に霊験あらたかな
稲荷大明神はまさに芝居興行の守護神にふさわしかったらしい。

ちなみに、歌舞伎が上演される劇場には
稲荷が祭られている。
歌舞伎座「歌舞伎稲荷大明神」
新橋演舞場「演舞場稲荷大明神」
そして明治座「笠間出世稲荷大明神」
ということになる。

なお、すぐ近くの久松町交差点脇に鎮座する
笠間稲荷東京分社では、
この明治座稲荷の御朱印もくれるらしいので
こんどはそっちも詣でないといけない。

明治座稲荷神社
住所:東京都中央区日本橋浜町2-30

logo

by darjeeling_days | 2019-09-05 06:00 | travel | Comments(0)

NY2日目、ブルックリンへ

P8040068

NY二日目は、朝からブルックリンへ。
天気もとっても良くて、ブルックリン散策にはうってつけの日。


タイムズスクエア駅から地下鉄Nに乗って
まずは14 Street - Union Sq Stationまで。

ちなみにタイムズスクエア駅で7日間有効の
MTAのMetro Cardを買う。

これは一枚持っていると
地下鉄もバスも乗り放題。
クレジットカードで買えるから
とても便利。
駅の自動販売機で他しか31ドル。

P8040074

ここで地下鉄Lに乗り換えて
Bedford Av Stationへ。

ブルックリンへは地下トンネルで渡るのだが
ブルックリン側の一つ目の駅なのですぐわかる。

ここがブルックリンでも一番ホットといわれる
ウイリアムズバーグの玄関口だ。

P8040076

ブルックリンといえば、工場と倉庫の町というイメージが
勝手に僕の中で出来上がってしまっているのだけれど、
駅を上がると、まるでイメージとは違う
閑静な住宅街とでもいうのか
そんな街並みが広がっていた。

勿論ブルックリンも広い。
マンハッタンの下の部分よりも大きいので、
いろんな地域があるのだけれど、
ウイリアムズバーグは、
ブルックリン入門者にはダンボーに並んで
とっつきやすい街だろう。

P8040079

高いビルが無いので
NYの摩天楼のような圧迫感が無くて
空が広いのがなんだかうれしい。

たてものもいい感じにレトロで、
小さな店が軒を連ねる。
どこも結構個性的だ。

飲食店が多いのが特徴だろうか。
でも、アップルストアなんかもあったりして
やっぱりお洒落な町なんだろうね。

P8040082-2

意外と緑も多くて
歩いていて気持ちがいい。



d0227799_13260053.jpg
logo

by darjeeling_days | 2019-08-04 10:30 | travel | Comments(0)

NY到着!

P8040032

オンタイムでJFK到着。
ターミナル7なので、小さなターミナル。

でも、ビジネスか?と聞かれてNo, just sight seeing!と答えただけで
入国できた米国は割と寛容ということか。

手荷物もスムーズに出てきたので、
早速グローバルwi-fiに接続してポケモンGO(笑)。
こっちにしかいないポケモンGETするのだから。

すぐにイエローキャブに乗り込んで
マンハッタンへ。
中国系の運転手は、結構フレンドリー。
オーソドックスな経路でミッドタウントンネルへ。

マンハッタンの西側あたりで
「30年前にトレーニーでNYに住んでたんだ」というと
「このあたりもすっかりかわっただろ」と。
確かにあの頃は倉庫や工場ばかりだったものねえ。

37St.を西に向かい、6Avを北上、45Stで左折すると
すぐに今回のホテルに到着。
2年前と同じハイアットセントリック タイムズスクエア。
新しくてカジュアルで良いホテルだ。

少し遅くなる可能性があったので、
チェックインは6時頃とコンファームしておいたのだけれど
6時少し前についたら「2時間待ち」といわれた。
なんでも手違いでまだ部屋の掃除が終わっていないのだとか。
「8時前まで隣のレストランでご飯を食べてくれ。
もちろん代金は100ドルまでホテルもち」というので
荷物を預けてタイムズスクエアをぶらりと一回り。

早速ピンクのカラナクシ(海外にしかいないポケモン)発見!(笑)

P8040036

タイムズスクエアは土曜日の夕方ということで
沢山の人たちが集まっていたけれど、
まあ、ここは東京でいうと渋谷の交差点という感じで
何処からともなく人が集まってくる感じだ。

P8040044

派手なネオンやら
ブロードウエイミュージカルのシアターやら
お土産屋やらあれこれ並ぶ。

ホテルの斜め前にスタバが出来ていたのは
嬉しい新展開。
スタバはNY滞在中の必須度リックショップなのだ。
勿論珈琲ではなく、
たいていがレモネード類なのだけれど。

P8040049

近所の韓国デリ(懐かしい響き)で多少の菓子、
スタバでドリンクを買ってホテルに帰った。
logo

by darjeeling_days | 2019-08-03 19:51 | travel | Comments(0)

久しぶりの成田空港

2019-08-03 14.32.40-2

久しぶりの成田空港。
最近は羽田離発着が多いから。

ANAのNY便で夜発は成田便。
通常NY便は午前中発だと向こうに行って時間があるのだけれど
今回はのんびりゆっくり初老の夫婦旅なので
しっかり寝れて急速出来る夜便にした。

2019-08-03 14.45.20

ANAのラウンジはそんなに混んでいない風に見えても
シャワーは予約がいっぱいで
2時間の待ち時間の間
結局順番は回ってこなかった・・・。

流石夏休みだなあ。
まあお盆週間に比べるとましなんだろうけれど。

2019-08-03 14.54.44-1

NH010便は、787と、今は昔に比べ小ぶりの機体。
今回もマイレージでアップグレードかけて
ビジネスで渡米。
もはや3時間越えるフライトは
エコノミーでは耐えられません・・・(^^;)

2019-08-03 14.55.16

16:40東京(成田)発、16:35ニューヨーク(JFK)着の
ANA NH010便、快適な空の旅でした。



logo

by darjeeling_days | 2019-08-03 16:25 | travel | Comments(0)

草津温泉 湯宿 奈良屋

P4270102

今回泊まってみたかった宿が、湯宿 奈良屋だ。草津温泉の湯は熱い。この湯を薄めずに適温にして入るためには、いろんな工夫が必要なのだが、それを人の手でやっているのが、湯守のいる奈良屋なのだ。


P4270120
P4270105
P4270109
P4270114
P4270115







by darjeeling_days | 2019-04-27 15:59 | travel | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

life
Magazine
word
photo
camera
gadget
book
stationary
web/IT
music
entertaiment
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
cafe
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business
walking

最新の記事

早朝散歩 九段下→水道橋→後..
at 2019-12-04 08:50
早朝散歩 春日 → 根津 →..
at 2019-12-03 08:50
Gelateria REGA..
at 2019-12-01 15:10
ほし野で讃岐うどんを食す
at 2019-11-26 12:26
紅葉
at 2019-11-25 12:50

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

最新のコメント

> SleepWalke..
by darjeeling_days at 09:37
砂町銀座は僕もたまに行き..
by SleepWalker-D at 22:56
> 山形夏樹さん 加藤..
by darjeeling_days at 07:49
昔買った「ぼくのペンショ..
by 山形夏樹 at 19:02
> gさん まだ若かっ..
by darjeeling_days at 18:07
遥か昔、まだ小学生だった..
by g at 19:02
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 07:40
MORGEN ROTEの..
by myuyama at 23:49
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 12:58
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 12:56

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

フォロー中のブログ

sudigital af...
happy *riko*...
人形町からごちそうさま
はりあなのこころ
しなしなとだれかのお写ん...
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
~feel Passi...
エクランの撮影日記
K5 Photo Cafe
coupe-feti
FOTO CYCHEDE...
陶芸つれづれ 器と暮らし
tsuBlog
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
151A
ANALOG DAY'S
Prism -光変換器
KAZOKU no JI...
My pace , My...
自由時間ー至福のひとときー
くまはな便り
月の雫
Soul Eyes
ぱんのみみ

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧