人気ブログランキング |

カテゴリ:Eating:和( 323 )

元祖串かつ だるま 道頓堀店へ

P1290157

大阪B級グルメ食い倒れツアー
最後の夜は、もちろん串かつ。

東京でいうところの串揚げだろう。

串かつといえば、豚かつが串に刺さっているもの。
だから、大阪の串かつで出てくるのは
豚部分以外は串かつじゃなくて
串に刺したものを揚げた奴ということで
串あげということになる。

こういう部分は東京は結構細かい拘り上がる。
かつにはもちろん豚だけではなく牛もあるから
豚かつが串にささっているものだけではなく、
チキンカツも数えれば肉類ということなんだろう。

だけど、wikiなどでは、
「串カツ(くしカツ)は、肉や野菜などを串に刺し、
衣を付けて油で揚げた日本の料理。」と説明されているので、
串かつ=串あげなのだろう。

まあ、どっちでもいい。
僕の場合江戸っ子なので、
串あげという言葉に慣れてしまっているだけのこと。

で、大阪では串かつを食べないと
粉もの制覇できないので、
だるまに突入したわけだ。

しかし、この年になると串かつもつらい。
デフォルトの食材を10串食べて
はやばやとギブアップ。

もっと若かったら
沢山食べられたのだろうけれど。

でも、二度つけ禁止のソースに
生のキャベツというのはなかなかいい感じだった。

こだるまは二回目だけれど、
紅しょうがは美味しかったなあ。

こんどは別の店にも行ってみたいものだ。
新梅田食堂街の松葉総本店や
新世界串カツいっとく本店など
名店があるという話なので、

P1290158

P1290161

P1290164

APC_2987

APC_2989

P1290172


元祖串かつ だるま 道頓堀店
住所:大阪市中央区道頓堀1-6-4
電話:06-6213-8101
営業:11:30~22:30
定休:年中無休

logo

by darjeeling_days | 2020-01-29 21:03 | Eating:和 | Comments(0)

たこ焼道楽 わかな

P1290159

道頓堀にきたら
たこ焼きを食べなければいけない。

でも、このあたりはたこ焼き激戦区。
一体全体どこでたべたらいいの?というぐらい
通りを歩いていると
あちこちにたこ焼きの文字が
看板に踊っている。

ちっと見回しただけで、

あっちち本舗 道頓堀店
大阪で一番おいしいたこ焼きくんなんば店
元祖 味穂
会津屋 ナンバ店
たこ焼十八番 道頓堀店
たこやき座
道頓堀 赤鬼
本家 大たこ
たこやき座
道頓堀くくる 本店

などがあるのだが
今回は「たこ焼道楽 わなか なんば店」を
選んでみた。

ちなみに「くくる」は、新大阪駅にあるので
出張帰りの新幹線で食べたことがある。


周りがかりっと
そして中がとろとろなのが
おいしいたこ焼きと聞いていたが、
まさにこのわかなのたこ焼きは
そのまんま。

ここはかなりうまいなあと思った。
そのうち、食べ比べしてみてもいいかもしれない。


P1290112


P1290115

P1290110


たこ焼き道楽 わなか 道頓堀店
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-7
電話:06-6213-6110
営業:11:00~23:00 (土・日・祝~23:00)
定休:不定休



logo

by darjeeling_days | 2020-01-29 17:56 | Eating:和 | Comments(0)

長寿庵(南大沢三丁目商店街)

P2230411

我が南大沢駅周辺には、
蕎麦屋がない。

野猿街道側へ行くと車屋、
堀之内へ行くと一澤などの
そばの名店はあるのだが、
町の蕎麦屋が皆無なのである。

わずかに上柚木街道の旧道に
庵屋という全くだめな蕎麦屋があるだけ。

チクテベーカリーの隣に
蕎麦屋があるのは知っていたのだけれど
あまり人気もなさそうでちょっと敬遠していた。
ところが、それは大きな間違いであったのである。

入り口のお勧めラインナップに
鍋焼きうどんがあったのを見た家人が
それが食べたいというのでドアを開けて店内に入ったところ
なんとほぼ満席だった。

年配者が多いので、
年配者に愛される店ということなのだろうか。

鍋焼きうどんは、もう一つ工夫が必要だが、
(もう少しうどんは太目がいいとか、
汁の味をもう少しいい感じにすべきだとか)
それでも、メニューは豊富で
僕が頼んだ鴨南蛮蕎麦は悪くはなかった。

こんどは手打ちそばを食べてみようか。
あるいは人気の天丼を頼んでみようか。

P2230425

P2230422

長寿庵
住所:東京都八王子市南大沢3丁目9-5
電話:042-675-3372
営業:11:00~
定休:木曜日

logo


by darjeeling_days | 2020-01-13 11:30 | Eating:和 | Comments(0)

七草粥を食す

APC_2286

去年の七草には、
日本橋高島屋新館1FのCAYU des ROIS(カユ・デ・ロワ)で
七草粥を食べたのだけれど、
今年は扱っていないようで、
しかたがないから 夕ご飯を七草粥にした。

中華粥のレシピしか知らないので、
その作り方で七草も一緒に煮てみたら、
なかなか美味しい粥が出来た。

七草に粥を食べる習慣は
中国の唐代に始まった七種菜羹(七つの野菜を入れた吸い物)に
起源を持つといわれ、
日本にあった春の菜摘と合わさって、
平安時代には風習として定着したという。

正月松の内に食べ過ぎた胃を
七草粥で癒すのは、
理にかなった話。

僕の胃も癒してくれた七草粥だった。


logo

by darjeeling_days | 2020-01-07 19:40 | Eating:和 | Comments(0)

魚とやで静岡おでんと海老の干物

P1040727

平和通り商店街の中ほど、
熱海川から坂を下っていくと、
ちょうど中間ぐらいの左手に
干物をたくさん干している店が目についた。

金目鯛、マグロのしっぽは頬、
さらにいかやエビまで干してある。

この店は、これらの干物を焼いて食べさせてくれる
数テーブルのイートインスペースがあり、
とてもにぎわっていた。

そこには静岡おでんも出されており、
名物の黒はんぺんもあったので
買い食いしてみることにした。

だしの風味は、やや濃いめ。
東京より愛知に近いけれど
しっかりとした醤油だしの味わいだった。

黒はんぺんは、はんぺんという名前だけれど
はんぺんのようなふわふわの触感はなく、
どっちかというと「イワシのつみれ」に近い。

でも、こんな冬の午後におでんの買い食いというのも
いい感じだった。

ちなみにこの魚とやの干物は
他に店に比べて値段がリーズナブルだ。
金目鯛も800円からあり、
海老の干物は1匹300円。

鯵と海老を数匹づつ、土産に買って帰ることにした。



P1030457


P1020019

P1030456


P1040725

魚とや
住所: 静岡県熱海市田原町3-11
電話:0557-81-4286
営業:8:30~18:00
定休:無休
http://shop.totoya.jp/

logo

by darjeeling_days | 2020-01-04 13:00 | Eating:和 | Comments(0)

山龢の朝ご飯

P1030321


日の出を撮った後、のんびりと露天風呂に使ってまったり。
今年のほぼ日手帳に旅行のメモを書いたり
コーヒー飲んだりして和む。

9時に予約をしてあったので、
1階におりて昨夜と同じ場所で朝ご飯。

山龢の朝ご飯も1月3日ということもあって
正月料理モードだった。

鯛がどーんと出てきたのにはびっくり。
茶碗蒸しも美味しくて、
残念ながら白米は軽く一膳だけしか食べられなかった。

献立は以下のとおり。

櫻茶

祝肴
 数の子
 黒豆蜜煮
 紅白膾・いくら
 叩き牛蒡
 紅白蒲鉾
 蟹彩巻き
 田作り
 茶ぶりなまこ

碗物
 雑煮仕立て
  紅白餅
  車海老吉野打ち
  蛤
  鶴大根
  亀人参

造り
 さごし酢〆

煮物
 竹の子
 昆布巻き
 蓮根
 梅麩
 菜の花

蒸物
 蟹茶わん蒸し
 熱海産原木椎茸
 百合根

焼物
 小鯛香焼き
 金柑蜜煮

食事
 伊豆の恵(白米)
 香の物

水物
 果物(苺、洋ナシ、リンゴ蜜漬け)

P1030327

P1030331

P1030332

P1030333

P1030342

P1030344

P1030349

P1030354

P1030343

P1030357





logo

by darjeeling_days | 2020-01-03 09:00 | Eating:和 | Comments(0)

山龢の夕ご飯

P1020156

山龢の夕ご飯は、貴賓室のある別棟の一階にある風香にて。
部屋ごとに個室になっていて、椅子式の掘りごたつ形式だ。

正月2日の夜だったこともあり、
全体的にお正月の雰囲気の料理が並んだ。
献立は以下のとおり。

先付
 日本三大珍味(帆立塩雲丹琥珀、焼き唐墨、平目海鼠腸和え)
 黒むつ若狭焼
 子持ち昆布
 鯛赤飯
 姫慈姑みじん粉あげ
 白子醤油焼き
 紅白百合根鏡餅見立て
 裏白椎茸 
 紅白手綱
 富士さくら鱒砧巻き
吸物
 伊豆産鮑熱海純米酒蒸し
 竹の子餅
 羽子板人参
 柚子
 鶯菜
造り
 九絵
 天然本鮪
 生雲丹
 烏賊キャビア
蒸物
 伊東産金目鯛蓮根蒸し
 タカアシガニ餡かけ
 雫生姜
煮物
 伊勢海老美味煮
 三島産里芋揚げ
 青梗菜
温物
 特選A5飛騨牛ステーキ
 竹の子
 管牛蒡
 焼き飛騨葱
 菜の花
食事
 握り寿司
  赤はた
  穴子
  赤蕪甘酢
 赤出汁
水物
 オレンジ釜盛り

どれも美味しい料理だった。
出汁がもう一声、やわらかい味わいだといいなあと思ったけれど、
どれも美味しい料理だった。

P1020167
先付け

P1020160
焼き唐墨、富士さくら鱒砧巻き、紅白手綱、黒むつ若狭焼
P1020161
帆立塩雲丹琥珀

P1020162
平目海鼠腸和え

P1020163
子持ち昆布

P1020164
白子醤油焼き

P1020169

P1020174
吸物

P1020179
造り

P1020182
蒸物

P1020193
煮物(伊勢海老美味煮)

P1020196
温物(飛騨牛ステーキ)

P1020198

P1020207
食事(赤はた、穴子、赤蕪甘酢の握り寿司)

P1020213
オレンジ釜盛り



logo

by darjeeling_days | 2020-01-02 19:00 | Eating:和 | Comments(0)

粋 炉端@熱海

P1020034

熱海に橈尺したのが11:50頃だったので、
近隣の商店街をブラブラしているうちに
昼時になってしまい、
今日のランチをどこにするかは決めていなかったので、
店を探しながら熱海銀座方面へぶらぶらすることにした。

平和通り商店街からそのまま下りの道に入り、
大江戸温泉物語のカーブを越えると、
何やら歩道に人だかりができていた。

どうやら熱海で一番美味しいと評判の
中華料理店「壱番」だった。
うーん、最終日ならいいけれど、
初日から中華というのもなあといいつつ
店の前を通り過ぎたら、
待ちの数がざっと15組。
こりゃ時間かかるなあ、急ぐわけじゃないけれどと思いつつ、
ふと隣の店を見てみると、
なにやら地の物の海鮮どんぶりを出す店があるではないか。
しかも、店内には人が少ない。

ならば、もうお腹もすいたことだしここにしようと
店内に入ってみた。

まだ開店してそれほど時間が経っていない感じで
店内は小ぎれいだ。

メニューには地酒など各種日本酒が並んでいるので
基本居酒屋なんだろうけれど、
ランチタイムから酒OKで、
なおかつおつまみ類も充実している様子。
呑んべえにはいいのかもしれない。

で、ランチの定食メニューを見ると、
外に看板のあった地の物海鮮丼のほかに、
金目鯛の干物定食(刺身付き)というのがあったので
僕はそれにしてみることにした。

刺身は地物ばかりではないけれど、
新鮮なものばかりで、とても美味しい。
そして出てきた金目鯛の干物はとても大きく
ちゃんと脂が乗っていて、
とても美味しかった。

うーん、これなら隣の壱番にあんなに並ぶ必要は
全くないなあと思うことしきり。

そのうち、わらわらと人が入ってきて、
あっという間に満席になった。
丁度いい時間帯に店を覗いたというわけだ。

コスパはそんなに良くはないけれど、
この値段でこの量と味なら、再訪ありだなと思った。

P1020022

P1020023

2020-01-02 12.22.44

P1020031

P1020032


粋 炉端 (イキ ロバタ)
住所:静岡県熱海市咲見町7-48
電話:0557-85-3130
営業:11:30~15:00/17:00~21:30
定休:木曜

logo


by darjeeling_days | 2020-01-02 12:53 | Eating:和 | Comments(0)

廻る富山湾 すし玉 富山駅店へ!

IMG_6859

富山出張。
毎年恒例の富山大学のお仕事で
新幹線に乗り込んだ。

昼に富山駅に着いたので、
駅に隣接したきときと市場 とやマルシェに入っている
すし玉へ

一応12貫セットの富山湾寿司に
ついでにのどぐろ2貫を追加して
じっくりと堪能した。

富山に来たのだから
美乃鮨に行くのが習わし。
その場合は、ランチで寿司は食べないわけなのだが、
今回は、美乃鮨の予約が取れず、
夜は飛び込みで栄寿司などを訪問する予定。

なので、ランチはこうしてすし玉へ来たというわけだ。

回転寿司なのだけれど、
ちゃんと握って出してくれるし
ネタは美味しいのだ。

久しぶりにのどぐろも満喫した。

P2200002

P2200003

P2200004

P2200005


廻る富山湾 すし玉 富山駅店
住所:富山県富山市明輪町1-220 きときと市場 とやマルシェ
電話:076-471-8127
営業:11:00~21:00
定休:年中無休



logo


by darjeeling_days | 2019-11-28 12:00 | Eating:和 | Comments(0)

ほし野で讃岐うどんを食す

APC_1374

茅場町にオフィスがあったときは、
はなまるうどんが近くにあったから
結構讃岐うどんを食べることが多かったのだけど、
オフィスが移転したのちは、
あまりうどんと縁がなかった。

日本橋の北側の、
COREDO室町の南側あたりは、
ごちゃごちゃと平屋の店がいくつもあるのだけれど、
そんな店に混じって、
讃岐うどんの店を見つけたので
入ってみることにした。

ほし野と書かれた大きな提灯がぶら下がる
そのサファードの見栄えとは裏腹に
シンプルかつコンビニエンスな店内の
いかにも讃岐うどんの店という風態が
なかなか面白いと思った。

白ゴマ坦々うどんという
目新しい今時のうどんもあるのたが、
釜揚げかぶっかけの二択がメイン。

でも、なんかビジネスコートを着ても
寒さを感じる日だったので
かけうどんにしてみた。

ただ、それだけでは寂しいので、
このところかなり自粛していた天ぷらを
セットで付けた。

写真の通り、うどんの量は並でもかなり多め。
小でいいぐらいだ。
角のたった腰のあるうどんは
ただ、今ひとつ旨味が足りない。
香川で食べたような小麦のうまさを
東京で求めるのはなかなか難しいのかなあ。

残念だったのは天ぷらだ。
これは天ぷらとは呼ばない。
いわゆるフリッターだ。
しかも衣が硬すぎて、
野菜と海老の天ぷらが、
まるで岩でも飾っているような気分になる。

せっかくいい感じの店構えなのだから、
中身のレベルも伴って欲しいなあ。
うどんは決して不味くはないので、
気が向いたらまたくるかもしれないけど、
日本橋一帯で美味しい讃岐うどんは、
やっぱり人形町の谷屋なんだなあと
再発展した日だった。


IMG_6755

IMG_6749

IMG_6750



by darjeeling_days | 2019-11-26 12:26 | Eating:和 | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

life
photo
camera
gadget
web/IT
stationary
word
Magazine
book
music
walking
shrine:神社・稲荷神社
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
cafe
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business

最新の記事

Gelateria REGA..
at 2020-03-22 11:23
Gelateria REGA..
at 2020-03-21 13:59
Oisixのプレミアムパンを..
at 2020-03-21 09:00
3穴のバインダー
at 2020-03-17 19:33
桜咲く(ただし早咲品種)
at 2020-03-15 19:54
春の花咲く 馬酔木、マンサク
at 2020-03-15 10:29
週末パスタ活動 じゃこ山椒の..
at 2020-03-14 13:30
オードリーの焼き菓子
at 2020-03-13 12:30
覚王山芋吉の生芋けんぴ:芋吉花火
at 2020-03-12 12:30
日本橋札幌やで味噌バタ―ラー..
at 2020-03-11 12:30

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

最新のコメント

> SleepWalke..
by darjeeling_days at 21:23
僕も「俺のベーカリー」「..
by SleepWalker-D at 17:37
> SleepWalke..
by darjeeling_days at 09:37
砂町銀座は僕もたまに行き..
by SleepWalker-D at 22:56
> 山形夏樹さん 加藤..
by darjeeling_days at 07:49
昔買った「ぼくのペンショ..
by 山形夏樹 at 19:02
> gさん まだ若かっ..
by darjeeling_days at 18:07
遥か昔、まだ小学生だった..
by g at 19:02
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 07:40
MORGEN ROTEの..
by myuyama at 23:49

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

フォロー中のブログ

happy *riko*...
人形町からごちそうさま
はりあなのこころ
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
FOTO CYCHEDE...
tsuBlog
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
My pace , My...
自由時間ー至福のひとときー
Soul Eyes

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧