人気ブログランキング |

カテゴリ:Sweets:和( 89 )

覚王山芋吉の生芋けんぴ:芋吉花火

P2240213

去年名古屋に赴任していた元部下のA君が、
人事異動で東京に戻ってくることになって、
その準備のために来供した際に
わざわざお土産を持ってきてくれた。

覚王山といえば、
我らがロヴーのある閑静な場所。
そんなところに芋けんぴやがあるんだなあ。
名古屋もすっかりご無沙汰なので、
まあ、新しいお店ができていても不思議はない。

このいもけんぴとても細くしかも長くて
つんつんしている。
まとまった様子は花火にも見えなくない。

そして味は美味。
気が付かないうちに食べてしまう
ちょっとやばい和菓子なのである(^^;)

なかなか名古屋にはいかれないのだけれど
この店はこんど覚えておいて
名古屋訪問時に足を延ばしてみよう。

P2240206

P2240197

覚王山 吉芋
住所:愛知県名古屋市千種区日進通5-2-4
電話:052-763-2010
営業:10:00-18:00
定休:無休(年末年始を除く)


logo

by darjeeling_days | 2020-03-12 12:30 | Sweets:和 | Comments(0)

黒船のカステラ

P2230610

カステラ好きだ。
カステラといえば文明堂と福砂屋。

ポルトガル伝来の菓子で、長崎カステラが有名。
でも、ポルトガルんはカステラという菓子はないらしい。
カステラの語源は
イベリア半島に存在したカスティーリャ王国(Castilla)の
ポルトガル語発音である「カステラ」(Castella)だという。

ちなみにカスティーリャは、現代スペインの発祥の源の國。

で、実際菓子のカステラは、
スペインの焼き菓子「ビスコチョ」(Bizcocho)とか
ポルトガルの焼菓子「パン・デ・ロー」(pão de ló)が
その原型らしい。
今では、ビスコチョの別タイプ(小麦粉と卵と砂糖で作る美味しい菓子)があったとか
「カタリナ・デ・アウストリア」という菓子が、「カスティーリャの菓子」として
ポルトガルで定着したのがカステラだったとかいう説が有力らしい。

話を戻ると、カステラはポルトガルから長崎に伝来し、
江戸時代中期には現代の長崎カステラの原型が誕生しているらしい。

カステラの日本のメーカーとしては、先に掲げた2社以外に、
長崎の松翁軒、東京の上野風月堂が有名だけれど、
長崎の和泉屋、琴海堂、岩永梅寿軒も現地では有名なのだという。

東京でも各種カステラブランドが立ち上がっており、
文明堂の森幸四郎とか、
老舗お菓子メーカーの「長崎堂」を母体とする「黒船」など
新しいブランドが人気を博している。

今回ここにUPした黒船は、
自由が丘にある「つくりたて」がこだわりのお店。
自由が丘駅から徒歩5分、
老舗の格式と新コンセプトを融合した
おしゃれなお店になっているという。

こんど近くに行った時には
是非寄ってみたい店だ。

このふわふわの生地に甘さ控えめの黒船カステラは、
1/4サイズにカットされた黒船カステラbebê。

おいしいカステラで満足だった。


黒船
住所:東京都目黒区自由が丘1-24-11
電話:03-3725-0038
営業:10:00~19:00
定休:第1、3月曜日(祝日の場合は翌日)
logo

by darjeeling_days | 2020-02-13 20:53 | Sweets:和 | Comments(0)

吉野鮨本店

2020-01-31 11.40.31


昔の仕事の大先輩とランチ。
どこか日本橋らしいお店というので、
吉野鮨にご案内した。

近日中に近隣でランチの会食をしたいので
店を教えてということだったので、
和食の店と中華の店を何軒かお教えしておいた。

吉野鮨は、安定の美味しさ。
今日も結構混んでました。
11時に突入しないと結構待つことに。





logo

by darjeeling_days | 2020-01-31 12:30 | Sweets:和 | Comments(0)

日本橋 はし本

2020-01-23 18.00.54

久しぶりの仕事の会食で、
日本橋の懐石料理の店「はし本」へ。

息子のマンションまで徒歩5分の場所にある
ビルの1階に居を構える日本料理店だ。

食べログでも星が沢山。
評判も良かったので楽しみに参加。

会食なので個室だったが、入るとすぐにある
カウンターで料理しているのを見ながら
食べるのもよかったなあ。

今回は、先方が予約したので
どのくらいのコースなのだかよくわからなかったけれど、
お酒もお願いすると料理に合わせて出してくれる
いい感じのコースだった。

お品書きは以下の通り。

先付:自家製ザーサイ塩漬け。
前菜:紅白の胡麻豆腐にふきのとうが乗ったもの。
  正月ということもあって、紅白で新年を表現したのだという。
  胡麻豆腐は暖かく、トロッとして優しい味わい。
椀物:ハマグリのしんじょ
  碗からはみ出したうぐいす菜、ワカメなどがあしらわれている。
  器が素敵だった。
追加:自家製日本橋カラスミ
   このビルの屋上で干しているらしいソフトな唐墨
造り:八丈島のシマアジ・神奈川の佐島の鯛・皮目を焼いたメジマグロ(鮪の稚魚)
   店自家製の梅肉醤油&土佐醤油が出された。
八寸:9種類の八寸
   プレートに9種類の料理が乗った名物料理。
   ・トマトのコンポート(火を入れずに作った) 姫クワイ
   ・なまこ だいだいおろし(先祖代々繋ぐ、という意味を込められている)
   ・たたきゴボウ 6日煮込んだ黒豆
   ・餅の天ぷら せりおろし
   ・蒸した鴨にベルモットと白ポートワインのゼリーがけ
   ・子持ちの昆布のフライ
   ・アンコウの肝をポルトワインで炊いたもの ポルトワインの煮こごり
   ・出汁で炊いた海老芋の唐揚げ鱈の白子(和風クリームコロッケ風)
   ・松葉ガニの磯辺巻き
   1品1品は一口サイズなので食べやすい。
   どの料理もいろんな意味が込められていて、
   1月の料理にはぴったり。
焼物:マグロの鍬焼き
   鮪をさいころ型に切り、丁寧に焼き上げた逸品
煮物:かんだけ ふき 京人参 磨きにしん
   優しい味付けの奥に美味しさがしっかりと。見た目はコントラストが効いていて美しく仕上がっています。
食事:いくつかの中から選べる
   定番メニューは鯛茶漬け
   香物のぬか漬け
水菓子:プリン風水羊羹
    卵に拘ったプリン風味の寒天
菓子:ねりきりとつくね芋の和菓子+抹茶

それぞれの器も、いろいろ意味があり、
一つ一つ説明してくれる。
しかも、どの器もいい感じだった。

今度はランチにカウンターでごはん食べてみようかな。

2020-01-23 18.20.57

2020-01-23 18.39.10

2020-01-23 19.01.14

2020-01-23 19.19.41

2020-01-23 19.39.56-1

2020-01-23 20.03.41

2020-01-23 20.17.50

2020-01-23 20.38.13-1

2020-01-23 20.44.18


懐石料理 はし本
住所:東京都中央区日本橋本町2-3-6 協同ビル 1F
電話:03-6225-2456
営業:11:30~14:00/17:00~21:00
定休:不定休



logo

by darjeeling_days | 2020-01-23 22:52 | Sweets:和 | Comments(0)

間瀬菓子舗網代駅前店で電車待ち

P1030370

11時に宿をチェックアウトして、
タクシーで網代駅へ。

熱海行き電車が11:45だったので
30分ぐらい時間があるので、
前日に仲居さんにおしえてもらった
間瀬菓子舗の喫茶でお茶をする。

昨日、チェックインの時に出されたお饅頭が
ここのお饅頭だったらしい。

和菓子メインの品揃えで、
本店は網代の街中にあるのだという。

明治5年創業ということだが
そんな昔にこのあたりで和菓子舗の需要はあったのだろうか?

生菓子と煎茶のセットを頼んだが
上品な生菓子だった。

なによりも静岡ということで
お茶が美味しかった。


<余談>

ところで、今朝、チェックアウトの時、
昨日と違う黒いスーツを北女性が対応してくれたのだが
チェックインの時に対応してくれた女将?!とは違う人だった。
あの茶髪の女性は山龢の女将ではなかったのだろうかと
家人と話をしていたら、
目の前にいる家人からLINE
「僕らのすぐ後ろの席に座った人、
昨日の女将ちゃない?」

こっそり振り向いてみると、
まさに昨日の女将らしき人だった。
チェックアウトの時間に
こんなところにいていいの?と思ったものの
またお顔を拝めてラッキーだった。


P1030372

P1030373

P1030374

間瀬菓子舗網代駅前店
住所:静岡県熱海市下多賀170
電話:0557-68-2261
営業:9:00~18:00
定休:木曜日

logo

by darjeeling_days | 2020-01-03 11:30 | Sweets:和 | Comments(0)

甘味処 中村屋で葛切りを食す

P1020112

熱海の坂道を登って疲れたので、
カフェで一休みと思ったのだけれど、
どこもかなり混んでいたので、
「中村屋」という甘味処で一休みすることにした。

ここはこがね餅と葛切りが有名な店らしい。
小金持ちというのは、ちょっと固めの餅を
粒餡で包んだ小さな俵型の和菓子だ。

ちゃきちゃきと手際のよい女性店員に、
店の切り盛りはとっても苦手に見える
職人風の店主と、
まさに名実ともに看板娘のおばあちゃん(座っているだけ)
このコンビがなんとも和やかでした。

葛切りは、京都の鍵善を彷彿とさせる美味しさ。
そして一緒に頼んだ”つゆひかり”の冷茶が
とっても美味しかった。

P1020104

P1020108

P1020109

P1020100

中村屋
住所:静岡県熱海市田原本町5-12
電話:0557-81-0010
営業:9:00~16:30
定休:無休

logo

by darjeeling_days | 2020-01-02 14:58 | Sweets:和 | Comments(0)

寿司栄 総曲輪店で寿司を食う

P2200112

夕ご飯 富山で寿司屋と言えば、
いつもは美乃鮨なのだが、
この日は何かイベントがあったようで、満席。

なので、散策のあと跡寿司栄へ。

こちらは禁煙禁酒の店。
寿司屋で酒を出さないというのがとても不思議。

まあ、その分混んでいても回転早いけれど。

この日は雨だったので、待ち時間なし。
ネタは新鮮で大将も元気で面白いのだけど、
ペースが早い。

もう少しのんびり食べたかったかも。

注文するペースを落とせばよかったのかな。😅

そういえば、のどぐろが今回もなかったけど、
入れる気がないのかなあ?

どれも安くて美味しかった。

P2200092
ぶりはら(とろ)

P2200093
香箱蟹

P2200095
紅ずわいがに

P2200096
白貝

P2200097
シャケトロ

P2200100
スミイカ

P2200102
カワハギ

P2200104
白エビ

P2200105
鮪中とろ

P2200108
白子焼き

P2200110
紅ズワイガニ

P2200111

寿司栄 総曲輪店
住所:富山県富山市総曲輪2-8-22
電話:076-421-7035
営業:11:30~14:00/17:00~21:00
定休:水曜日+不定休(ウエブサイト参照)
logo

by darjeeling_days | 2019-11-28 20:00 | Sweets:和 | Comments(0)

甘味カフェ”かんた”で日光天然かき氷

P9150270

柴又最後の寄り道は、
柴又駅前になる「かんた」。
昔は「かんたあれ」という名前の喫茶店だったらしいが、
いまは「かんた」という
かき氷専門店(かき氷以外もメニューにはあるけれど)。

日光の天然氷と自家製のシロップで
結構な人気なのだけれど
行列ができるほどではないという前評判。
確かに長い行列はできてはいなかったものの、
店の前には数名並んでいて、
僕らは二番手だった。

店内ではほとんどの人がかき氷を注文している。
いろんなシロップがあるのだけれど
僕らは王道のあまおう苺と
マンゴーの二種類を注文。

どちらも自家製シロップをその場で作って
かき氷に乗せるとのことで、
フレッシュでおいしいかき氷だった。

やはり天然氷のかき氷は美味しい!。

P9150274

P9150277

2019-09-15 14.27.31

2019-09-15 14.27.36

P9150284

甘味カフェ かんた
住所:東京都葛飾区柴又4-9-5
電話:03-5694-7711
営業:11:00~18:00
定休:月曜
(2016年で更新ストップ)

logo

by darjeeling_days | 2019-09-15 14:50 | Sweets:和 | Comments(0)

船橋屋@柴又帝釈天参道

P9150129

船橋屋といえば、東京銘菓くず餅の老舗として知られる。
本店は亀戸天神社のすぐ近く。

しかし、荒川を越えた向こう側(昔はもう下総の葛飾郡だった)だが
同じ江戸川の西側の下町ということで、
船橋屋があることに全く違和感を感じないのである。

最近COREDO室町に店舗が入り
おいしいかき氷が出されている噂を聞いたので
折角だし、暑いし、
かき氷だ!ということで、
お参りする前に店に立ち寄った(^^;)

イチゴミルクのかき氷と
船橋屋といえばくず餅ということで、
この二つを注文。

くず餅には珈琲つけてみた。

葛餅は特殊な乳酸菌が入っているらしく
そこから派生して、
このかき氷にも乳酸菌が生かされているらしい。

イチゴのシロップが、
ちゃんとイチゴを煮込んで作ってあって
なかなか美味なのである。

そして流石はくず餅は船橋屋!というだけあって
ここのくず餅は美味しい。

下総国(千葉県北部)の船橋出身の勘助が
亀戸天神の菊や藤の賑わいを見て
地元の小麦を使って餅を造り
黒蜜をかけて出したところ大当たりし、
出身地の名前を取って「船橋屋」としたのが
文化二年(1805年)のことだったらしい。

今では東京、千葉、神奈川の各地に
店舗展開するまでになっているのがおもしろい。


P9150148

P9150154

P9150155

P9150147


元祖くず餅 船橋屋(柴又帝釈天参道店)
住所:東京都葛飾区柴又7-6-1
電話:03-5693-2784
営業:9:00~18:00
定休:無休

by darjeeling_days | 2019-09-15 11:50 | Sweets:和 | Comments(0)

老松の夏柑糖

P4060002

老松という京都の老舗の和菓子屋がある。
嵐山(北野)線に乗って出かけると
北野天満宮の近くにこの店があるのだ。

夏になると店のサファードに名前入りの額がお目見えするほど
有名な和端菓子が「夏柑糖」だ。

P4060003


日本原産の作物や、
古くから食されてきた素材に注目して創菓された
「山人艸果」というシリーズの一つだ。

ちなみにこのシリーズには、
橙糖珠(だいとうじゅ)
酒菓三宝(しゅかさんぽう)
本わらびもち(ほんわらびもち)
蓮根餅(れんこんもち)
香果餅(こうかもち)
などがラインナップされてる。

P4060005

純粋種の夏みかん果汁と寒天をあわせ、
再び皮に注いで固めただけのシンプルな寒天菓子。

これは巷ではフルーツゼリーの一種なのだろう。
ただ、食感はゼリーというよりもやはり寒天だ。

戦後まもなく、もののない時代に、
庭にあった夏蜜柑の果実に、
少しの砂糖と寒天を合わせて、
上七軒の数寄者の客のためにったのが最初らしい。

寒天は酸とは相性が悪く
固まりにくいのだそうで
酸の強い夏蜜柑の果汁を合わせるのは苦労したのだとか。

P4060009

食べてみれば洋のフルーツゼリーとは
一線を画することが良くわかる。
まさに和菓子の味わいなのである。
これは寒天のなせる業。

熟練の和菓子職人によって生み出される味わい。
フルーツゼリーなら僕にでも作れるが、
これは、絶対に無理だとしか言いようがない。

こういう菓子を知ること、
継承されること
そういうことが
この時代とても重要なことだと思った。


老松
住所:京都市上京区社家長屋町675-2
電話: 075-463-3050
営業: 9:00~18:00
定休日: 不定休


logo

by darjeeling_days | 2019-04-06 18:11 | Sweets:和 | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

life
photo
camera
gadget
web/IT
stationary
word
Magazine
book
music
walking
shrine:神社・稲荷神社
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
cafe
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business

最新の記事

Gelateria REGA..
at 2020-03-22 11:23
Gelateria REGA..
at 2020-03-21 13:59
Oisixのプレミアムパンを..
at 2020-03-21 09:00
3穴のバインダー
at 2020-03-17 19:33
桜咲く(ただし早咲品種)
at 2020-03-15 19:54
春の花咲く 馬酔木、マンサク
at 2020-03-15 10:29
週末パスタ活動 じゃこ山椒の..
at 2020-03-14 13:30
オードリーの焼き菓子
at 2020-03-13 12:30
覚王山芋吉の生芋けんぴ:芋吉花火
at 2020-03-12 12:30
日本橋札幌やで味噌バタ―ラー..
at 2020-03-11 12:30

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

最新のコメント

> SleepWalke..
by darjeeling_days at 21:23
僕も「俺のベーカリー」「..
by SleepWalker-D at 17:37
> SleepWalke..
by darjeeling_days at 09:37
砂町銀座は僕もたまに行き..
by SleepWalker-D at 22:56
> 山形夏樹さん 加藤..
by darjeeling_days at 07:49
昔買った「ぼくのペンショ..
by 山形夏樹 at 19:02
> gさん まだ若かっ..
by darjeeling_days at 18:07
遥か昔、まだ小学生だった..
by g at 19:02
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 07:40
MORGEN ROTEの..
by myuyama at 23:49

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

フォロー中のブログ

happy *riko*...
人形町からごちそうさま
はりあなのこころ
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
FOTO CYCHEDE...
tsuBlog
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
My pace , My...
自由時間ー至福のひとときー
Soul Eyes

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧