人気ブログランキング |

カテゴリ:camera( 50 )

スプリング・エフェメラル:カタクリ

P4030049

カタクリ(片栗、学名:Erythronium japonicum Decne.)は、
ユリ科カタクリ属に属する多年草。
古語では「堅香子(かたかご)」と呼ばれていた。
早春に10 cm程の花茎を伸ばし、
薄紫から桃色の花を先端に一つ下向きに咲かせる。

P4030046

開花時期は4-6月で、花被片と雄しべは6個。
雄蕊は長短3本ずつあり、葯は暗紫色。

長い雄蕊の葯は短いものより外側にあり、
先に成熟して裂開する。
雌蕊の花柱はわずかに3裂している。

地上に葉を展開すると同時に開花する。
日中に花に日が当たると、花被片が開き反り返る。
日差しがない日は終日花が閉じたままである。

P4030098

地上に姿を現す期間は4-5週間程度で、
群落での開花期間は2週間程と短い。
このため、ニリンソウなど同様の植物とともに
「スプリング・エフェメラル」(春の妖精)と呼ばれている。

wikiより



logo


by darjeeling_days | 2019-04-03 20:27 | camera | Comments(0)

兜町桜通り

P1950101
P1950090
P1950099
P1950110
logo

by darjeeling_days | 2019-03-27 14:35 | camera | Comments(0)

Panasonic フルサイズミラーレス機 S1R,S1

d0227799_09082641.jpg
Panasonicが、去年の9月に
フルサイズミラーレス機の公表をしていることを
今頃になって知った。

このところPanasonicは
ハイエンドマイクロフォーサーズ機であるDC-G9Proが人気だが
そのデザインを踏襲することなく
新たなフルサイズミラーレス機を公表していたというわけだ。

S1Rは4,700万画素を誇る高解像度モデル。
一方S1は2,400漫画ぞの静止画/動画ハイブリッド機だという。

一番の特徴は、ライカ、シグマ、マナソニックの協働である
ライカLマウントを採用している点だろう。

手ブレ補正はボディとレンズが協調する「Dual I.S.」だという。

Nikon,Canonよりも良いなと思うのは、
記録メディアスロットがXQD×1、SD×1の合計2つある点。
フルサイズ機であるなら、これは必須なのに、
NikonもCanonも採用しなかったのはなんでだろう。

機能的に面白いのは、ハイレゾリューションモード。

大昔、ビクターがデジカメを作っていて、
まさにイメージセンサーを動かして
数枚の画像を合成するモードを採用していたが
それに似た機能だ。

具体的には、ボディ内手ブレ補正機構を応用して
イメージセンサーを動かしながら、
8枚の画像を取得し
ヴィーナスエンジンによって1枚の高解像な画像に合成する機能

ただ、8枚もの画像を撮影するときは、三脚必須ではないのかな?

どの会社のフルサイズミラーレスも
アダプターなしには現存するレンズ資産が使えない。

出来るだけ安くてよいレンズを出してくれるのか。

今のところ、パナソニックでは
50mm F1.4
24-105mm
70-200mm
の3本からスタートし、
2020年度末までに合計10本以上をリリースするという。

シグマのレンズも大いに期待したいものだ。

3月末発売とのことだが、
価格はどの程度になることやら。




logo

by darjeeling_days | 2019-01-07 20:05 | camera | Comments(0)

FUJIFILM X-T3発表

d0227799_12271590.jpg
昨日、FUJIFILMからミラーレスの中では一番デザインの良いX-T2の後継機種、X-T3が発表された。

このところ、ミラーレス機目白押し状態で、従来の光学ファインダー一眼からミラーレスに乗り換えようとか、上級機種に乗り換えようと考えている人には、うれしい悲鳴を上げるような状態が続いているが、NikonやCanonとちがって、このX-T3は、APS-C機なので、比較的リーズナブル。

ややボディーが大きめなのが難だが、X-T2はそのフォルムから一番欲しいミラーレス機の一つだった。

今回の後継機種は、X-T2よりも有効画素数が2,610万画素と少しだけ大きくなった。ただ裏面照射型を採用し、高解像度と高いS/N比を実現したのだとか。

また、従来ISO 200からとなっていた常用最低感度が引き下げられISO 160からとなった(上限は12800)。
3.0型の背面モニターに新たにタッチパネルが採用され、使い勝手も向上しているらしい。

サイズ的には微妙な部分(高さとか奥行きとか)でわずかにサイズアップしているが、大きな影響はなさそうだ。

中判機に摘まれていたエフェクトが搭載されたり、連写機能が強化されたり、さらに動画に強くなっているらしいが、X-T2をよりいい感じにブラッシュアップした、いわゆるX-T2 MarkⅡ的な存在だといえるだろう。

今月終わりにはPanasonic もフルサイズミラーレスを出すのではといった噂が聞こえてくるが、価格的には5万ぐらい安いので、これを買ってついでにレンズも買ってしまえという向きにはお勧めだ。

フルサイズなら、D850を。
ミラーレスはそのサブ機としてという使い方は、僕の場合当分変わらないだろうなあ。

FUJIFILM X-T3

logo

by darjeeling_days | 2018-09-07 06:42 | camera | Comments(0)

Canon、フルサイズミラーレス EOS R

d0227799_06563857.jpg
Nikonに次いで、Canonがフルサイズミラーレスを発表。
EOS Rとなずけられたそのシステムは、
マウントも一新しての登場だ。

Canonらしい丸みを持ったデザインが
昔のEOS Kiss(フィルム)を思い出させる。

販売価格は他のフルサイズミラーレスと近い
23万7,500円(税別)。
やっぱり高いなあ。

新しいRFマウントは内径54mm。Nikonよりも1mm小さい。

イメージセンサーは有効3,030万画素のCMOSセンサー。
総画素数は3,170万画素。
光学ローパスフィルター採用で、
ISO感度はISO 100~40000(拡張ISO 50、51200、102400)。

外形寸法は、幅135.8x高98.3x奥行84.4mm。
重量は660g(バッテリー・メモリーカード含む)。

NikonのL7が4575万画素、ISO 64~25600
幅134×高100.5×奥行67.5mmで重量675gなので、
スペックは上かな。若干L7が大きめ。

ミラーレスは小さいのが魅力なのだけれど
フルサイズのミラーレスはやっぱりどこもでかい。
どうせでかいなら大好きな光学ファインダーカメラが良くて
ミラーレスである必要はない。

なので、僕はPanasonic GX1と
Olympus OM-D E-M5 mark 2 でいいや。
まあ、そのうちさらにフルサイズもよりコンパクトに
進化するかもしれないので、様子見することに。


logo

by darjeeling_days | 2018-09-06 07:00 | camera | Comments(0)

Nikon フルサイズミラーレス機発表 Z7

dd20180823-01
ニコンがフルサイズミラーレス機を出すという話は前から聞いていた。
デザインが今一だった今までのミラーレス機を想定すると
あまりミラーレス機の発売には、興味を持ってはいなかったのだが、
8月23日に発表された新型ミラーレスカメラ「Zシリーズ」(「Z6」と「Z7」)は
思いのほかいい感じの仕上がりになっていた。

イメージ画像はニコンの新型ミラーレス一眼「Z7」
セットでついているレンズは「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」

競合として想定されたのは、当たり前だがSonyα7RIII。
α7RIIIの方がコンパクトらしいが、グリップの握りやすさはZ7に軍配という。

今回はZ6とZ7の機種の発売で、
Z6は有効画素数2450万画素、
Z7は有効画素数4575万画素。

センサは、新開発の裏面照射型で、像面位相差AF画素をZ7では493点、Z6では273点を搭載する。
電子ビューファインダーは約369万ドットの有機ELパネルを採用。
ミラーレスなら基本の視野率は約100%。

3.2インチで約210万ドットのチルド式液晶パネルを装着し、
タッチ操作対応。

d0227799_11295378.jpg

バッテリ・メモリカードを搭載した状態の重量は約675gと、今までのミラーレス機よりは結構重い。
サイズも大きいので、携帯性はいまいちということか。
まあフルサイズであるのなら仕方ないとするかどうかだ。

対応メモリカードは、XQDカードのみとというのは、
SDカードデフォルトPCにはちょっとめんどくさい。
でも、今後はXQDカードがメインになるのだろうな。

ところで、気になるのが新しいマウント。
「Zマウント」という内径は55ミリ、フランジバック16ミリの新しいマウントは、
今回新しく開発されたもの。
まだ3本のレンズしか出ていない(マクロがない)ので一概には言えないが
レンズが大きくなるよね。

「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」という化け物的レンズが発表になっているが、
きっと高くて手が出ない。

肝心の値段だが、店頭予想価格としてZ7が税込み44万円前後。
9月下旬発売予定(Z6は11月下旬)。

いずれにせよ、しばらく様子を見るしかない。


logo

by darjeeling_days | 2018-08-23 18:10 | camera | Comments(0)

今更ながら、iPhoneⅩのポートレートモードが凄い!

d0227799_14523243.jpg


これだけ背景ボカせれば、
ミラーレスカメラは
普段はいらない。

今更だけど、
使えるiPhotoⅩのポートレートモード。

logo
by darjeeling_days | 2018-07-26 12:29 | camera | Comments(0)

Nikonがフルサイズミラーレス?

d0227799_143639100.jpg


ニコンがフルサイズのミラーレス出すらしい。
8月23日に新製品発表会を都内で開くとの日経の報道。

しかし、この本体のフォルムだと、
ちょっとなあ。

デザイン系がダメなニコンなので、
フルサイズ出すなら頑張って欲しい。

logo
by darjeeling_days | 2018-07-25 12:28 | camera | Comments(0)

iPhoneⅩのカメラが素晴らしい

d0227799_10333714.jpg


今更ながら
iPhoneⅩにカメラのレンズが二つ
付いているのを知った(^^;)
WとT。

でも、デフォルトカメラだと、
どうやって切り替えるのか
よくわからずにいた。

d0227799_1034832.jpg


実はAdobeのLightroomというアプリのカメラに
ちゃんとWとTを切り替えるボタンがついていたのだった。
下の二つの画像は、それで写したもの。

d0227799_10183290.jpg

Wサイドで撮った画像

d0227799_10335343.jpg

Tサイドで撮った写真

Wに比べてTは×2なんだとか。
この切り替えはなかなかいい感じだ。

ちなみに
iPhone Xのデフォルトカメラの場合
画面の下側に表示される「×1」という部分を
タップすると「×1」が広角レンズで、
タップ後の「×2」は望遠レンズなんだとか。

まあ、RAW撮影して現像までするので
最近カメラはすっかりLightroomばかり
使うようになってしまった。

これあれば、コンデジは不要。
場合によってはセカンドカメラとして
十分通用するレベルなのが凄い。

d0227799_07155429.jpg

by darjeeling_days | 2018-04-20 07:17 | camera | Comments(0)

D850、ようやく!

d0227799_765926.jpg


NikonからようやくD810の後継機種、D850が発表になった。
D5とD500が発売された前回の発表で
何故APS-CのD500?って思ったのだが
D500はこれはこれでありなんだけれど
D300sの後であまりにも時間が空きすぎて
乗り換えできず
D800に乗り換えてしまった人間としては、
次はやっぱりD810の後継機種狙いということになるわけだ。

4575万画素というのが
どれだけすごいのかは今一つ実感わかないのだが、
D800の3630万画素から
(ちなみにD5は2082万画素)
約10000万画素でかくなったというのは
それなりにすごいんだろうな。

そして何よりもISOが64からというのがすごい。
やはり大口径のレンズを使い
その能力を日中いかんなく発揮するために
この低いISO値というのは大歓迎なのだ。

光学ローパスフィルターレス仕様とか
フリッカー低減機能とか
あれこれついているのも嬉しい。

d0227799_77978.jpg


カメラ購入預金(というか、積み立て投信)をしていたので
クリスマスプレゼントとして
自分にご褒美にしようかな。

まずはは、発売になったら
カメラ屋でいじってみる予定!

Nikon D850特設サイト
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d850/

whlog
by darjeeling_days | 2017-08-24 20:00 | camera | Comments(0)


美味しいものを食べて、旅して、写真を撮って、本を読む。そんな日常の極上の楽しみを切り出した、至極個人的なブログです。


by darjeeling_days

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

life
Magazine
word
photo
camera
gadget
book
stationary
web/IT
music
entertaiment
travel
Hotel
recipe
foodstuff
cooking tools
gourmet
Eating:和
Eating:仏
Eating:伊
Eating:エスニック
Eating:中
Eating:西洋料理一般
Eating:パン
Eating:麺
Eating:果実
Sweets:和
Sweets:中
Sweets:洋
cafe
Drinking:茶
Drinking:珈琲
Drinking:酒
Drinking:その他
Fashion
Tennis
Business

最新の記事

母の米寿の誕生日を祝う
at 2019-04-21 15:48
週末パスタ活動:豚ひき肉のラ..
at 2019-04-20 14:10
L'ottocento(ロッ..
at 2019-04-19 22:16
365日と日本橋のバゲットサンド
at 2019-04-18 13:28
泰興楼で名物のジャンボ餃子
at 2019-04-17 13:05

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

最新のコメント

> gさん まだ若かっ..
by darjeeling_days at 18:07
遥か昔、まだ小学生だった..
by g at 19:02
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 07:40
MORGEN ROTEの..
by myuyama at 23:49
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 12:58
> myuyamaさん ..
by darjeeling_days at 12:56
『人生は・・・』を読み始..
by myuyama at 23:21
>牧師さんも、姪の教授だ..
by sophians at 22:50
小島様 このところ仕事..
by darjeeling_days at 20:31
お世話になっております。..
by 小島里紗 at 14:17

flickr

www.flickr.com
Darjeeling_Days' items Go to Darjeeling_Days' photostream

フォロー中のブログ

sudigital af...
happy *riko*...
人形町からごちそうさま
はりあなのこころ
しなしなとだれかのお写ん...
プラハなchihua**hua
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
~feel Passi...
エクランの撮影日記
K5 Photo Cafe
coupe-feti
FOTO CYCHEDE...
陶芸つれづれ 器と暮らし
tsuBlog
Kーたろ「だけ!」日記
我夢工房
野山を読む 野山を食す
151A
ANALOG DAY'S
Prism -光変換器
KAZOKU no JI...
自由時間ー至福のひとときー
くまはな便り
月の雫
太陽のおやつ
Soul Eyes
ぱんのみみ

外部リンク

タグ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ

画像一覧